平林寺、光と影..

画像


埼玉県新座市、平林寺の紅葉です。

画像


先週、S先生の歌のレッスンの後、その近くにある平林寺へ紅葉を観に行きました。
紅葉度は50~60%といったところでしたが、平日にもかかわらずかなりの人出でした。

画像



画像



画像

ここは松平伊豆守信綱ら、松平家の廟所として知られ、立派なお墓がたくさんあります。

画像

そこからさほど離れていない林の中に、増田長盛(ましたながもり)の墓があります。
平林寺へ来た私の目的のひとつは、長盛の墓を見ることでした。

豊臣秀吉を行政面で支えていたのが、前田玄以・浅野長政・増田長盛・石田三成・長束正家の五奉行でした。
 (ちなみに五大老は、徳川家康・前田利家・毛利輝元・上杉景勝・宇喜多秀家です)
秀吉没後、長盛は三成に与しましたが、家康に命は免ぜられました。
その後、僧となり蟄居していましたが、嫡男が大阪城で討ち死にした後自刃したそうです。

それにしても長盛の墓の寂しいことといったらありません。
高さ1m足らずの小さなもので、立て看板がなければ、これが豊臣家を支えた五奉行のひとりの墓とは到底思えません。

華美な松平家の墓のそばにあるので、より一層明と暗を感じます。
三成を心情的に好きな私としては、彼と親しかった長盛の粗末な墓を見て、感慨深いものがありました。

画像


ところで歌のレッスンですが、私が苦労して移調した「愛は限りなく」の譜面を見て、S先生は「これは高すぎるのじゃないの?」。
どうやら私の勘違いで、間違ってしまったようです。また作り直しだ~。

歌はといえは、相変わらず指摘事項がいっぱい。
「歌詞の意味の表現」「フレーズの区切り方」「全体の構成」etc.。

画像


あっという間に所定時間の50分をオーバーしてしまうのも、いつも通り。
レッスン終了後、「なかなか上達しなくてすみません。長い目で見てください」というと、先生は「俺はその人のレベルに合わせて指導しているから、ここまで出来る人ならば、もう少し上のこの辺まで出来るだろうと期待しちゃうんだよ」。

なるほど、だからどんどん厳しくなっていくのか。
先生に満足いただけるレベルになるのは、いつのことやら..。

画像


このところ公私ともに忙しく、皆様のところへもご無沙汰しています。
今日は久しぶりの休みで、やっと更新が出来ました。

"平林寺、光と影.." へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント