カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽のアトリエ 〜ブラームスからジャズまで〜

<<   作成日時 : 2018/09/15 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像


画像


画像

我が家のサボテンが、久しぶりに咲きました。
これで今年は最後かな〜?

画像

沼のほとりをウォーキングしていると、今年初めて葛の花が咲いているのを発見、彼岸花も咲き始めたし、本格的な秋も近いのかな〜。

画像

話は変わりますが、高校の同級生Tommyさんのことは、13年前にブログで書きました。(ここです)

そのTommyさんは、数年前に脳出血を発症し左半身不随になってしまいました。
でもリハビリを頑張って、杖をついて歩けるまでになっています。
今は月の3分の2は、いろいろなコンサートを聴きに行き、その詳細なリポートを数十人の人たちにメールで発信しています。

その彼が企画・プロデュースしたコンサートが9月9日、銀座のヤマハホールでありました。
題して「音楽のアトリエ 〜ブラームスからジャズまで〜」。
これは以前から彼が温めていた企画で、いわばTommyさんの生前葬コンサートだそうです。

画像


画像


画像


画像

画像はすべて、クリックで大きくなります。

画像

場所は銀座のヤマハホール、高校の同級生たちと押しかけました。

詳細は書きませんが、クラシックやジャズの一流ミュージシャンによるコンサートは、とても聴きごたえのあるものでした。
私が特に感動したのは、一部の最後にジャズ歌手の西村知恵さんが、ノーマイクで歌った「死んだ男の残したもの」(作詞:谷川俊太郎、作曲:武満徹)でした。
あれだけ感情が籠って迫力のある歌は、なかなか聴けるものではありません。
彼女は相当の練習を積んで本番に臨んだようです。

終盤は、トロンボーン5本によるジャズ演奏で盛り上がりました。
それぞれ名の知れたトロンボーン奏者のようです。

ところで、一部でブラームスの「クラリネット五重奏曲」に入る前に、私の友人のお嬢様で舞台女優の岸田エリ子さんがフランソワーズ・サガンの「ブラームスはお好き」の一部を朗読し、曲への導入役を果たしました。
 (彼女のツイッターはここです)

画像

休憩時間には、Tommyさん、岸田エリ子さん、彼女の双子のお姉さん咲岡里奈さん(シンガーソングライター)、などで写真を撮り合い、大いに盛り上がりました。(ジイさんのご機嫌をとる孫たちみたい・笑)
 (咲岡里奈さんのツイッターはここです)

Tommyさんは、飛行機に乗れない体になってしまったので(気圧変化の関係で)、彼の夢だった、ミシシッピ河を船でさかのぼって行きながら、ジャズが進化していくルーツをたどる旅、は実現できなくなりましたが、不自由な体で精力的に活動しています。
この調子だと、第2回目の生前葬コンサートもやるかもしれませんね〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。サボテンの花、素敵な淡いピンクが何とも言えませんね。
ジャズコンサートのこと、さすが、カンツォーネさん、同級生といい、お友達といい、レベルが高いですね。
もう一つの「さすが」、やはり東京は文化度が高いと再認識しました。美術や音楽など、地方ではとてもこうはいきません。
私の周囲には、縁のない世界という感じがします。
りりい
2018/09/16 17:52
りりいさん、コメントありがとうございます。
我が家のサボテン、今年は4回咲いたのかな?
白、赤、ピンクとありますが、私もピンクが一番好きです。

コンサートを企画した同級生は、現役時代にヤ○ハでそのような仕事をしていたので、お手のものでした。
そうですね、東京ではあらゆるジャンルの催し物が頻繁に行われるので、首都圏に住んでいる有利さはあります。
政治も経済も文化も一極集中していますが、それが良いのかどうか。
自民党の総裁選に注目したいです。
カンツォーネ
2018/09/17 22:02
素敵なお友達と、素敵な時間をお過ごしのご様子。羨ましいです。今度は、カンツォーネさんの歌声を聞かせてください。
居ながらにしてなんて、贅沢なお願いですよね。でもお待ちしています。
S子
2018/09/20 15:37
S子さん、こんばんは。
やっと涼しくなってきたと思ったら、まだ暑さがぶり返すようですね。
雨も多いし、早く
爽やかな秋空を見たいです。

この秋から暮れにかけて、2回コンサートがあります。
うまく歌えたら、ブログにアップしたいですけど..。
カンツォーネ
2018/09/21 20:47
こんばんは
「音楽のアトリエ」というタイトルがステキですね。”クラシックとジャスの間にそんなに深い谷は無い”という、このコンサートを聴くと、それがより一層、理解できるのでしょうね。素晴らしいミュージシャンを揃えられて、それは聴き応えのあるコンサートだったと思います。カンツォーネさんも2回コンサートがあるそうで・・・感激された演奏は、きっとプラスになられると思います。ご成功をお祈りいたします。
白、赤、ピンクと咲いてくれたサボテンですね。太陽をいっぱいに浴びたサボテン、雨に濡れたサボテン、素敵な写真に感激しました。
花が咲くほど、立派なサボテンはこちらではあまり見かけないので、しばらく眺めております。彼岸花、ほんとうに彼岸の時季に、あちらこちらで咲き始めるのですね。真っ赤で見惚れてしまいます。でも毒があるのですよねッ
オパール
2018/09/22 22:16
オパールさん、こんばんは。
「音楽のアトリエ」は、一部がクラシック、二部がジャズ、という構成になっていました。
ブラームスのクラリネット五重奏曲は、1〜4楽章すべてを演奏したのですが、クラシックを聴きなれないお客様も多かったようで、楽章が終わるごとに拍手をする人が多く、演奏者に失礼だったかなと思いました。
それはそれとして、ジャンルに関係なく良いものは良い、と改めて実感しました。

今年の秋以降はコンサート出演が続くので、サボっていた練習を頑張らなくてはと思っています。エールをありがとうございました。

サボテンの花、今年は見納めだと思います。
寒くても雪に埋もれても、毎年丈夫に乗り越えてくれるので、来年も期待しています。
カンツォーネ
2018/09/23 22:48
先日はりな&エリがお世話になりました🙏 私も行きたかったのですが、よんどころない所用で本州、最果てへ遠征中でございました(*'▽'*)
とても素晴らしい会だったと、二人から聞きました(^O^☆♪
これからも御三方、ますます若々しくダンディーな小父さまを貫いてくださいね💕(^人^)💕
皆様にお会いできます日を楽しみに致しております❣
私もキュートな小母さまを目指します(*≧∀≦*)
幸×3
2018/10/13 18:18
幸×3さん、返コメントが1か月遅れになってしまいました!
最近はPCを開くことが少なくなってしまい、ブログ〜遠ざかってます。
大変失礼いたしました。

エリ子さん、立派に導入役を果たされ、とても素敵でした。
コンサートも、とても楽しかったですよ〜。
カンツォーネ
2018/11/13 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
音楽のアトリエ 〜ブラームスからジャズまで〜 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる