浅草 ~ 本所吾妻橋

画像

浅草は平日でも人出が多いです。
特に最近は、中国語が飛び交っています。

画像

天気もよく、スカイツリーがくっきり見えています。

画像

でも、この日の目的地はここです。

画像

俳優の有馬眞胤さん主宰の「新春うたくらべ」に、友人の中田陽子さんが出演しています。 (中田さんの過去記事はここです)
津軽三味線、尺八、ピアノ、シャンソンなどいろいろなジャンルの人たちが、演奏したり歌ったり。
神田紅さんの弟子の中田陽子さんは、講談を語った後、着替えてシャンソンを歌いました。

実は、私が中田さんのシャンソンを聴くのは初めてです。
今までに聞いたことがあったのは、講談とカラオケだけ。
でもその上手さにびっくりです!

朗読もやるし、その多才さにあらためて感心しました。

画像

さて終演後、出演者の人たちとシアター近くのカフェでお茶を飲み、店を出るとすでに暗くなっていました。
 (浅草公会堂前の通りです)

画像

そのまま本所吾妻橋まで歩いて移動、スカイツリーがすぐそばになります。

画像

そして以前にもブログで紹介した、友人が経営する「山介」で、それなり倶楽部メンバーたちとの新年会です。
 (今回はゲストも入れて6人)

画像

まずはお通しの写真ですが、料理の写真はこれが最初で最後です。
なにせ、飲むのと、食べるのと、話すので忙しく、写真どころではありませんでした。

日本酒も、なかなか呑めない美味しい酒を飲み過ぎて、料金もかなり行ってしまったな~。
でも楽しければ、なんでもOKだ~!

この記事へのコメント

2015年01月20日 15:16
最後のお料理の写真、「これだけ」と言っても、ずいぶんおいしそうなお料理が並んでいます。
もうこの先は、想像力で補うと、相当すばらしい料理が出てきたことがイメージできちゃいますよ。
今週末、東京ドームへ、キルトフェスティバルを見に行きます。
息子の部屋の掃除も兼ねて。
2015年01月20日 15:40
こんにちは。
スカイツリー、青空に映えますね。
浅草散策ではなく、歌や演奏をお聴きになったんですね♪
神田紅さんは知っています。そのお弟子さんが出演されたのですね。
講談にシャンソンとは!本当に多才な方ですね。

美味しい食事処でお仲間とワイワイ!♪
写真どころではないことがよく分かります~!(笑)
カンツォーネ
2015年01月20日 20:44
りりいさん、こんばんは。
↑の写真の料理は、お通しなのでメニューにはありません。
説明を受けましたが、何であったかは、もう記憶に有りません。
それと日本酒好きの仲間たちと行ったので、高い日本酒をいっぱい飲みました。

ドームのキルトフェスティバルには、ブログ友の麦さんが出品されるはずです。
彼女に訊いてみます。
カンツォーネ
2015年01月20日 20:51
ハーモニーさん、こんばんは。
浅草は何度も行っていますから、あらためて観光には行かないです。
それにしても人が多いですね~。

中田さんは歌の仲間の紹介で知り合ったのですが、シャンソンを聴くのは初めてでした。
講談師としてでなく、シャンソン歌手としても一流だな~、と感じました。

この日は、最初から最後まで日本酒を飲み続けましたが、ほとんど銘柄も味も忘却の彼方です~!
2015年01月22日 21:54
こんばんは~!!

浅草はいつもにぎわっていますねぇ~🎵
浅草はたしかカンツォーネさんの「庭」でしたっけ~?
山介のお通し、ワンプレートの盛り付けがおしゃれですね。
お酒もお料理もさぞかし美味しくてお仲間さんたちと大いに盛り上がったことでしょう。。

いろんなジャンルの演奏をを心から楽しめたご様子、いいなぁ~こういう会!!
中田さん、講談とシャンソンでは全く発声が違うと思うのですが、どちらも一流 素晴らしいです~
これからもどんどん楽しんで寒さを吹き飛ばしてくださいね~。。

キルト展の件、私のコメントにお返事致しました。
カンツォーネ
2015年01月23日 21:37
麦さん、こんばんは。
うそうそ、私は浅草へはそれほど行っていませんよ~!

料理の写真は、撮るどころじゃなかったですね。
最近は記憶も薄れがちだし。
でも美味しかったですよ~。

そう、講談とシャンソンでは、発声も雰囲気も全く違いますよね。
それを彼女は、見事に演じて分けていました。

キルト展の件、ありがとうございました。
参考にさせていただいたようです。
2015年01月26日 00:11
こんばんは。
浅草っていい所ですよね。
この前行って実感しました。

色々なジャンルの人がいらして楽しそうで良かったですね。
お食事も美味しそう。
カンツォーネ
2015年01月26日 21:07
さくらさん、こんばんは。
浅草は、いつ行っても楽しいですね。
さくらさんも、行かれたばかりでしたね。
海外の人たちが大勢訪れる理由も、わかる気がします。

「新春うたくらべ」も、とても楽しかったです。
もちろん、その後の飲み会も!

この記事へのトラックバック