カンツォーネ家全員集合!

画像

千葉にも雪が降った昨日、カンツォーネ家全員が我が家に集合しました。
一昨年の正月にも全員が集合しましたが、その時は孫の栞はまだ生まれていませんでした。

次男夫婦は前日から泊っていましたが、長男は当日朝に栃木から車で来ます。
雪が心配でしたが、向こうは降っていなかったようです。

画像

一昨年は皆でお酒を飲んで、カラオケにも行ったのですが、今回はどうしても栞が中心になってしまいます。

画像

12月に満一歳になった栞、一升の米はとてもかつげないので、1kgの餅をかつがせました。
本人は何をされるのか分かっていない様子で、餅で遊んでいます。

画像

あれ~、なんか背中が重いな~。

このあと大泣きしましたが、彼女の名誉のために写真はカットしました。

画像

も~、早くおろしてよ~。
また泣いちゃうから。

画像

いっぱい泣いたら、のどが乾いちゃった。
麦茶がおいしいな~。

画像

皆にあやされて、やっと笑顔が出ました。
栞ちゃん、暖かくなるころには、きっと歩いているだろうな~。

息子たちは遠くにいるので、今度全員集合できるのはいつだろうか。
その時は、また人数が増えているとうれしいな~!

この記事へのコメント

2011年01月17日 22:53
かっわいい~!満1歳ですか。お誕生日おめでとう!!
子どものこんな姿ってほんとに人の心を優しくしてくれますね。
お餅を担がせる風習があるのですか。そりゃびっくりして泣きますね。
みんな集合してほんとうに春が来たって感じだったことでしょうね。
2011年01月17日 23:38
わ~~~可愛い栞ちゃん
ずいぶん大きくなりましたね。
1歳お誕生日おめでとうございま~す
カンツォーネじいじさんはメロメロではないですか?

千葉は雪が降ったんですね
横浜の織姫
2011年01月18日 11:15
お孫さん、可愛いですね!近くにいないと、会える日を指折り数えて待つのでは?雪が降ったのですか。薔薇の綿帽子が素敵です
2011年01月18日 18:16
栞ちゃん、相変わらず可愛いですね。
私も見ながら、思わず笑ってしまいました。
1kのお餅、重かったでしょうね。
頑張っている顔を見て、今度は私も涙!!
このごろ、涙腺が緩んできています。(苦笑)
麦茶を飲んで嬉しそうな笑顔~~超可愛い~
今度は私も思い切り声を出して、笑ってしまいました。
この笑顔、皆を幸せにしてくれる笑顔ですね。

千葉に雪でしたか~
雪もなんのその、温かいお幸せな時間を想像しています。
カンツォーネ
2011年01月18日 20:44
あざみさん、ありがとうございます。
お米だかお餅だかを、かつがせる習慣があるようですね。
うちの息子たちは、やりませんでしたが。

子供が出来ると、家族の生活ががらっと変わりますね。
次男は、その前の生活を楽しんでいるようです。
カンツォーネ
2011年01月18日 20:48
さくらさん、ありがとうございます。
子供の成長は、速いものですね~。
でも、まだ人見知りして、抱っこさせてくれません。
一緒に遊んだりはするので、もう少しすれば人見知りも直るかな~?
カンツォーネ
2011年01月18日 20:53
横浜の織姫さん、こんばんは。
孫とはめったに会えないので、人見知りして抱っこさせてくれません。
でもかなりコミュニケーションが出来るようになってきたので、もう少しの辛抱かもしれません。
カンツォーネ
2011年01月18日 21:08
S子さん、こんばんは。
カンツォーネ家は男の子しかいなかったので、女の子の扱い方がよくわかりません。
重い荷物を背負って必死に立っている姿、本当に可哀そうだなと思いました。
(だったらやらせなきゃいいのにね)

だんだん一緒に遊べるようになってきたので、楽しいです。
次に会うときは、歩いていることでしょう。
2011年01月18日 21:15
16日の雪びっくりでしたよね~!!
うちの方よりカンツォーネさんちの方がいくらか積雪多かったみたい。。

わぁ~栞ちゃん可愛い!!
ベソをかいたお顔もまた超かわいいなぁ~
お餅を背負わせてもらって、これで一生(一升)の幸せが約束されたわね
うちの故郷のほうでも
一生(一升)食べるのに困らないように、とか
一生(一升)丸く円満に暮らせますように、とかの願いをこめて1歳のお誕生日に一升餅を背負わせる習慣が今でもあります。
千葉でもあるんですか?
うちの子達は青森時代でしたのでそれは無かったですね。
カンツォーネ
2011年01月18日 22:21
麦さん、こんばんは。
この日は宿直明けで、東京は一瞬ちらついた程度だったのに、千葉に帰ってきてびっくりしました。

麦さんのおかげで、一升餅を背負わせる意味がわかりました。
長男の嫁の実家で、教えたのかもしれません。
私は知りませんでした。

栞の人見知りは、だいぶ良くなってきましたが、まだなかなか抱っこさせてくれません。
もう少しの我慢かな?
2011年01月19日 13:18
一升餅は中々背負えないでしょうね。
今26になる娘も駄目でした、形だけで済ませましたよ。
泣いても笑っても可愛いですが、最後の笑い顔は最高です。
額に納めて毎日眺める!、今はネットで写真の送信が簡単だから良いですね。
動画も撮れるしね。
2011年01月19日 19:50
え~~ もう一歳なんですか?? どうりで こちらも 年取る訳よね~~笑
一歳で一升もち 背負ったら おそろしい人物になりそうですよ。 絶対 ほら あれなんちゅ~んだっけ。。鉄棒もちあげる競技??。。絶対 日本金メダルとれるでしょうよ~~。 そうなんだ~~ 一升で 一生って 言う意味なんですね。。へ~~ 勉強になりました。
家族で 集まるのが 一番 幸せですよね。。 bbc(英国のNHKみたいなもん)で
日本は 老人が 孤独に死んでいってる。。とニュースで 流れていて なんか さみしくなっちゃいました。。 いつから 日本って 寂しい家族社会になったのかな??


 
2011年01月19日 21:24
栞ちゃん、本当にかわいいこと。
一升餅と「一生丸く円満に」の意味がはじめて分かり
勉強になりました。ブログの巧妙です。
愛知には、その風習はありませんが。
カンツォーネ
2011年01月19日 21:49
さくらんぼさん、女の子に一升を背負わせるのはきついですよね。
栞は1kgでも泣いてしまいました。

栞の母が、成長記録をパソコンでアルバムにしてくれました。
時々眺めては、ニヤニヤしています。
でも実物は、まだ人見知りしています。
カンツォーネ
2011年01月19日 21:58
cookieさん、赤ちゃんの1年と、大人の1年は変化の度合いが全然違うのでしょうね。
cookieさんの若さと美貌は、1年前とほとんど変わっていないでしょう。(と想像しています)

そうそう昨年は、親が死んでも隠していて、年金を継続して受け取っていたことが問題になりました。
そんな家族関係には、絶対なりたくありませんね~。
カンツォーネ
2011年01月19日 22:07
りりいさん、こんばんは。
一升を背負う風習、私も知りませんでした。
いずれにしても、女の子に一升はちょっときついですね。
栞の母方の父親は姫路の人ですが、そちらから教えてもらったのかもしれません。
2011年01月21日 14:54
早いですね、1歳ですか、すくすく育っているようで何よりです。(嬉)
家族が集まってカラオケ・お酒・懇談もいいですがやっぱり、栞ちゃんですよ。
一升餅茨城では、そういった風習・慣習ありましたよ。今現在おこなってる人は少ないかも知れませんが。
ただ、大吾んちの方では、背負って歩くより、転んだ方が良いとされてるんですよ。転んでそこから、夢や希望をもっていくとされてるんですよ。ですので立って歩きそうでしたら、後から少し引っ張ってわざと転ばせることもあるくらいです。いろいろあるんですね。
これから夢や、希望がたくさんある子供達を見ると嬉しく応援したくなります。
2011年01月21日 20:27
大吾パパさん、子供の成長は早いですね。
家族が集まると中心は子供になるのは、仕方ないですよね。
一升餅の風習、私は知らなかったのですが、全国的にあるようですね。
栞はまだ自力では立てなくて、歩くどころではないのですが、女の子に一升はちょっときついかな。

いまNHKテレビで、鉾田市の農家をルポしてますよ。
大吾パパんちの近くかな~?
すごくおいしそうな野菜がいっぱいです。
2011年01月22日 08:25
おはようございます。
栞ちゃんの笑顔、本当に可愛らしいですね。こちらでは、一歳の誕生日にお餅を背負わせるときは、泣いた方が良いといわれています。
カンツォーネ
2011年01月22日 17:36
湖のほとりから・・・さん、ありがとうございます。
あっ、お餅を背負ったとき、泣いた方が良いのですか!
じゃあ栞は合格ですね~。
もっとも、女の子に一升はきついので、皆泣いちゃうのでしょうが。(笑)
2011年01月26日 21:56
息子さん達集まられたんですね。
栞ちゃん、ますます可愛さが増してきてますね♪
こちらでも一升餅を担ぐ風習、残ってます。
たとえ1kでも、栞ちゃんには重すぎたのではないでしょうか?
ほんとうに。。。何をされるのか分からなかったのでしょうね。

家族団欒、良かったですね。
カンツォーネ
2011年01月27日 00:16
ハーモニーさん、2年ぶりに全員集合しました。
でも中心は、なんといっても栞でした。
人見知りして、なかなか抱っこさせてくれないのですが、次男にはおとなしく抱っこされたので、皆びっくり。
どうやら、長男と間違ったようでした。

毎年1回くらいは、全員集合したいのですが..。

この記事へのトラックバック