風車の前でハマナスの花が!

画像

ふるさと広場ではチューリップ祭りも終わり、しばらくは見るものもないと思いつつ前を通ると、もうハマナスの花が咲いていました。

画像

そうか、この花は春から秋まで咲いてくれるのでした。

画像

すぐそばでは、ナニワイバラが満開です。

画像

ちょっと遊んでみました。

画像

ツツジも満開。
毎年繰り返すことなのに、一年経つと忘れてしまいます。

画像

龍神は、相変わらず水を吐き続けていました。

 (撮影日10日)


この記事へのコメント

2010年05月11日 21:44
千葉は良い所ですね~(しみじみ)
なんといっても暖かい、お花がこちらより1ヶ月近く早い!
チューリップは咲いたばかりですし、つつじは蕾。
バラが満開@@遊び心がにくいですね~~*^-^*

ハマナスは、なが~~く楽しめますね!
2010年05月11日 22:14
何気に風車の周りは花が豊富ですね。
もう少ししたらひまわりですね。
カンツォーネ
2010年05月11日 22:17
sayuriさん、こんばんは。
千葉といっても、私のところは茨城に近いので、東京より寒いです。
でも東京から同じ距離だとしたら、神奈川県より千葉県の方が、はるかに土地が安いですよ。
おしゃれなイメージが千葉県にはないのかもしれませんが、交通は便利だし、観光する場所もたくさんあります。
息子さん、ぜひ千葉へ来てくださ~い!
..と、森田知事から言付かりました。(笑)
カンツォーネ
2010年05月11日 22:24
吟遊写人さん、こんばんは。
利尻島から持ってきたというカワラナデシコが、昨年からなくなってしまったのが残念です。
↑の写真すべて、ホワイトバランスの設定を間違えてしまいました。
色がおかしいですが、地元の情報としてアップしました。
2010年05月12日 00:01
あら素敵!
風車のアップの写真も良いですね。
オランダ(私はまだ行ってませんが)みたいで良い雰囲気です
カンツォーネ
2010年05月12日 20:59
さくらさん、こんばんは。
この風車のまわりは、一年中楽しめます。
でも今年の秋のコスモスは、国体のため見られません。
その前に、ヒマワリが楽しめます。
りりい
2010年05月12日 21:59
カンツォーネさんの近くには、美術館やふるさと広場など
見所が多く楽しめていいですね。
川村美術館をネットで調べてみたら、四街道も近いのですね。
四街道には知り合いが住んでいて、親近感をもちました。
2010年05月12日 22:54
こんばんは~!!
この色合いから、かなり早朝の画像かと思いましたが。。。
この広場、チューリッが終わったあとは何かな。と思っていたけど、ハマナスですか~?
ハマナスの花は夏だけじゃないのね。
春から秋までですか~。
優しいピンク色が素敵ですね。
傍らでは夏のひまわりの準備もされてるんですね。

千葉のいいところ。。みんなカンツォーネさんのこのブログで知るようなものです
23日には ↑ あの方の。。。楽しみですね!!
2010年05月13日 18:59
カンツォーネさん
多分 前にも書いてるとは おもうのですけど ここって そういう公園で 入園無料なんですよね??
自然に混じって(早く言えば 森林浴?) 歩きたいです。こっちは
暑いのと テング熱が怖くて ジャングル?に行けない。。笑
2010年05月13日 20:35
素敵なアングルで風車をとらえていますね~。
ほんとうにオランダに来てるみたいです。
もうハマナスの花が咲いてるんですか?
カンツォーネさんの所は良い所がたくさんあるんですね♪
都心にもお近いようですし。。
カンツォーネ
2010年05月13日 21:15
りりいさん、佐倉は若者に受けるお洒落な街並みには縁遠いですが、城下町の趣と自然には恵まれています。
四街道は隣の市ですし、高速道路にはいつも四街道から入っています。
東京への通勤圏ですが、びっくりするくらい田舎ですよ。(笑)
カンツォーネ
2010年05月13日 21:29
麦さん、こんばんは。
ホワイトバランスの設定間違いで、早朝のような色合いになってしまいました。今回は、失敗写真の羅列です。

ハマナスは花季が長いです。
でも真夏はカラカラになっているので、咲きはじめの今の時季が一番きれいです。
実物は、もっと美しいピンク色でしたよ。

23日、楽しみです。
また楽しいオフ会になりそうですね~。
カンツォーネ
2010年05月13日 21:39
cookieさん、このふるさと広場は、チューリップとコスモスの時季だけは、駐車場が有料になります。
その他の時季は、すべて無料です。
もっとも私の場合は歩いて行けるので、常に無料ですけど。
森林浴は大好きです。
こちらはテング熱はないし、森の中は涼しいし、快適です。
でも海がな~い!
カンツォーネ
2010年05月13日 21:48
ハーモニーさん、カメラのホワイトバランス設定を間違った失敗作です。
どの写真も、白っぽくなってしまいました。
佐倉市は江戸時代から蘭学が盛んだったのを記念して、オランダから風車をもってきました。
東京駅まで約1時間ですから、近いというか微妙な距離ですね~。
2010年05月14日 21:13
今晩は~~♪
エキゾチックな風景ですね。
風車に、チューリップばかりでなく、ハマナスもよく似合いますね。
白いお花のナニワイバラも可愛いで~~す。
どんなお花も、風車によく似合いそう、素敵です。
これから、いろんなお花が、楽しませてくれるのでしょうね。

佐倉は、蘭学が盛んだったのですか?
頭の良い人ばかり?
勉強家がそろって居たんですね。
2010年05月14日 21:27
風車のある風景は時期によって変わりますね。
いろいろ考えて花も取り揃えているのでしょうかね。

風車の設置理由が分かりました。
今までなぜそこにあるのかな?と漠然と考えていました。
あの佐藤泰然からの繋がりなのですね。なるほど。
カンツォーネ
2010年05月15日 07:42
S子さん、おはようございます。
この風車のまわりは、一年中花でいっぱいです。
利尻島から持ってきた、カワラナデシコもあったのですが、昨年から見当たらなくなりました。
秋のコスモスも、今年は国体会場になるためお休みです。

佐倉は順天堂発祥の地です。
さくらんぼさんのコメントにあるように、佐藤泰然さんのおかげで西洋医学や蘭学が盛んになりました。
カンツォーネ
2010年05月15日 07:46
さくらんぼさん、おはようございます。
四季折々、花を楽しませてくれる、ふるさと広場です。

そうです、風車は江戸時代からのオランダとの交流しるしです。
佐藤泰然さんが順天堂を開いてくれたおかげで、蘭学が盛んになりました。
西の長崎、東の佐倉と言われていたそうです。
司馬遼太郎の小説にもなっていますね。

この記事へのトラックバック