野草がいっぱいの房総風土記の丘

昨日は良い天気だったので、久しぶりに房総風土記の丘へ行きました。

画像画像



















野草がいろいろな花を咲かせていました。
右上は立て札にヤブカンゾウと書いてありましたが、ノカンゾウのような気がします。でも咲き方が少し違うような気も..?

左上はツユクサだと言う人がいますが、花も葉も違うのでは? でもいろいろな種類のツユクサをインターネットで見ていると、同じような形のものもあります。う~ん?

画像画像



















右上はノアザミ、左上はイモカタバミでしょうか?


画像

ヘビイチゴの実もなっていました。


















つかの間の晴れの一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月26日 22:12
どの花も色が奇麗ですね。
ここにUPした花の名前は、まったく知りません。
つゆくさは、奇麗ですね。
イモカタバミって舌かみそうな。。これも可憐な花ですね。

hiro
2006年05月26日 22:37
こんばんは。
アリ?古墳を見に行ったのではないのですか?
あれはツユクサと思いますけど・・。
ヘビイチゴ・・・。ここを友人とウォーキングをしていて、学習院の建物から古墳の方へ回ったとたん!!!三角頭?に六角模様のなが~~いのが・・
私が先に声を出したのですが、後ろにいた友人はその声で、脱兎のごとく私を置き去り逃げていきました。
あれ以来、藪の方にはこの時期には近寄らないようにしています。
2006年05月26日 22:57
たくさんの野の花に出会えるのですね。露草は北海道にもありますが、カンツォーネさんのところのほうが大きくて、色も濃いです。みんな光のなかで、とても綺麗です♪
カンツォーネ
2006年05月26日 23:06
心さん、こんばんは。
ここは人工的な手をあまり加えていないので、自然が豊富です。
花の名前は、私もブログやるまで知りませんでしたよ。
カンツォーネ
2006年05月26日 23:11
hiroさん、古墳も見ましたが、写真みても面白くないと思いまして..。
えっ、三角頭の長いものを見たのですか! 昨日は知らなくて良かった!
でもこれからは気をつけなければ..。
カンツォーネ
2006年05月26日 23:17
湖のほとりから・・・さん、こんばんは。
北海道にはかないませんが、この辺も結構自然に恵まれています。
都会の職場と、田舎の住まいの往復で、精神的なバランスをとっています。
とても天気が良かったです。
2006年05月27日 00:49
こんばんは。
ブルーのツユクサって綺麗なんですね。
アザミ懐かしいです。
へびイチゴって何でへびイチゴって言うんでうかね?
海のはなし
2006年05月27日 10:26
『へびイチゴ』…こちらでは『毒イチゴ』って呼んでます。毒なんて無いんですがね・笑
野いちごは沢山食べた思い出があります。
野いちごはありませんでしたか?笑

房総らしい温かな風を感じる絵ばかりですね。
kickham
2006年05月27日 22:16
こんばんは
この時期も結構な花が咲いているのですね。
暫らく風土記の丘に行ってないですね。
アジサイの咲く頃訪ねてみよっと。
カンツォーネ
2006年05月28日 19:51
さくらさん、こんばんは。
今の季節、普段目につかないところにも、きれいな花が咲いていたりして楽しいですね。
ヘビイチゴは食べられるけれどもまずくて、こんなものは蛇にでも食べさせておけばいい、というところから名前がついたという説もあります。
カンツォーネ
2006年05月28日 19:55
海のはなしさん、こんばんは。
毒のない『毒イチゴ』は、誰かさんが毒を吐いてしまったので、なくなったのではないですか?

ここは房総といっても北総ですから、海からはかなり離れています。
カンツォーネ
2006年05月28日 19:59
kickhamさん、こんばんは。
ここも四季折々、いろいろな花を楽しめますね。
ドラムの里のおはぎがおいしかったです。(両刀遣い?)

この記事へのトラックバック