テーマ:

わたらせ鉄道沿線の旅 (2)

懐かしいポスターでしょう。 ポスターだけでなく、館内はまるで博物館のようでした。 渡良瀬渓谷を後にし向かった宿は、栃木県足利市にある「巖華園」。 ビジネスホテルにでも泊まろうかと思っていたのですが、その前日たまたま旅行雑誌で見つけ、名前にひかれて予約したこの旅館、足利家の流れを引く、とても由緒ある家だったのです。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

わたらせ渓谷鐵道沿線の旅

なつかしい日本の原風景が広がるわたらせ渓谷鐵道の沿線を、自動車で旅しました。 本当は列車に乗って、のんびり行きたかったところですが、なにせ本数の少ない鉄道で、途中下車すると次の列車まで一時間半くらい待たなければいけないので、効率を優先しました。 ↑の写真二枚は、上神梅駅です。 ほとんどの駅が、無人になっています。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

内房総のんびり旅

先日の日・月曜日、内房総をドライブしながら、館山の温泉へ行ってきました。 内房総は何度も行っているので、今回は目的を決めず、良さそうなところがあったら寄ってみるという、気楽なドライブです。 上の写真は、太房岬から見たところ。 八重桜が見ごろでした。 観光地でもない海岸から、東京湾観音を望みます。 館山の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

霧が降る、霧降の滝

思わず息を飲みました。 素晴らしい景色が広がっていました。 前夜から温泉三昧。 この朝も部屋付きの庭園露天風呂と貸切大露天風呂を楽しみ、バイキングの朝食をとった後、霧降の滝に向いました。 滝の駐車場までは、ホテルから車で5分くらいの至近距離です。 駐車場から観瀑台に向う山道の途中、まだ紅葉が残っている素敵な…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

雨に煙る日光の旅

雨と霧にけむる、華厳の滝。 中禅寺湖は、霧で何も見えませんでした。 早朝に千葉を出発、日光に着いたのが9時半頃。 まず定番の日光山内見学です。 まずは東照宮から。 その後、大猷院→二荒山神社→輪王寺と回りました。 平地の紅葉には、まだ間に合いました。 輪王寺では、ちょうど12時の鐘つきに遭遇…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ときわ路の旅 2

いわき湯元温泉で旅の疲れを癒した翌日は、いわきフラワーセンターへ。 入園無料だし、あまり期待はしていなかったのですが、とんでもない、とても素敵なところでした。 入ったとたん、バラの香りがいっぱいです。 いろとりどりのバラの花が、咲き誇っていました。 ここには風力発電や、太陽光発電施設があります。 い…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ときわ路の旅

一昨日から一泊で、常磐方面に遊びに行きました。 最初に行ったのは、常陸太田にある西山荘。 隠居した水戸黄門様が、ここで大日本史を編纂したそうです。 上の写真は通用門です。 玄関は狭く、質素です。 丸窓は書斎、その右の部屋は寝室です。 他の建物の写真は省略しますが、すべて茅葺屋根です。 みな質…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

雪山賛歌

「安曇野アートヒルズミュージアム」から見た景色です。 グラスに北アルプスが、写りこんでいます。 職場の旅行で、安曇野へ行きました。 中央道をバスで走りながら、窓ガラス越しに撮った八ヶ岳。 蓼科山や、北八ヶ岳の山々。 諏訪PAから..。 帰りのバスの中から撮った南アルプス…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

京都は雨のち晴... つづき

京都二日目は朝早くから行動したので、清水寺を見学し終わった時点でまだ11時過ぎ。 京都駅への通り道にある、三十三間堂へ行くことにしました。 この建物は通し矢で有名だし、お堂の中に安置されている千手観音坐像などの国宝も知られていますが、端から端までいっぱいの1,001躯の千手観音立像にも圧倒されます。 京都駅…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

京都は雨のち晴

京都での二日目、前日の雨をたっぷり含んだ南禅寺の方丈の屋根は、朝日を浴びてさかんに湯気を上げていました。 三門です。 この上にも登ってみました。 三門の上からの景色です。 石川五右衛門も、ここに登って市中を眺め、「絶景かな、絶景かな・・・」と言ったそうですが。 明治時代に琵琶湖の水を引いたといわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総半島、雨中の旅

梅雨の真っ只中、房総半島をまわってきました。 上の写真は、日本棚田百選にも選ばれた「大山千枚田」(鴨川市)です。 この写真を撮った直後、土砂降りになり、撮影不能となりました。 この棚田では、4月に1000本の松明を点し、幻想の世界を創り出すそうです。 棚田百選といえば、先日ハーモニーさんもアップされて…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

のんびりと佐原で..

ゴールデンウィークが終わり、世の中が動き出してから休めるのが私の仕事です。 小江戸、佐原へ行ってきました。 道路は空いていて、観光客は少ないし、ゆっくり見て回れます。 娘?船頭さんも手持ち無沙汰。 やっと一組だけ、お客さんがあったようです。   ジャージャー橋(樋橋)が水を流すところを、初めて見る…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

小江戸川越を散策

昨日は桜が咲く頃の陽気でした。 久しぶりに小江戸、川越に行ってきました。 妻が調理師試験に合格した時に買った包丁が、最近切れなくて困っているそうです。 そういえば、海のはなしさんがアジを送ってくださったときも、包丁が切れないと文句をいいながら捌いてました。 「砥げばいいじゃないか」というと、「腰が痛くて力が入らな…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

にっぽん丸 「 ワンナイト クルーズ」 Ⅱ

♪朝陽が水平線から 光の矢を放ち 二人を包んでゆくの・・・♪  (「瑠璃色の地球」より) にっぽん丸のクルーズ、二日目です。 夕べの飲みすぎと、同室者のいびきによる寝不足で、重い頭を抱えながらも5時前に起床。 デッキに出てみると、夜明け前のピンクの世界。 待つこと十数分、ついに陽が昇ったのが冒頭の写真です。 …
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

にっぽん丸 「 ワンナイト クルーズ」

どこまでも続く青い海と青い空、素晴らしい二日間でした。 取引先の招待で、25、26日と、「にっぽん丸」のワンナイト クルーズへ行ってきました。 にっぽん丸は、そばで撮ると大きすぎて、一枚の写真に収まりません。 横浜の大桟橋を10時に出航…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

犬吠埼へ海を見に

一昨日の朝、急に思い立って銚子に行きました。 水彩画を習っている妻が海を画きたいというので、午前中少し出遅れましたが車で出かけました。 銚子に着くと、ちょうどお昼過ぎ。ここへ来たら当然魚料理です。 「るるぶ」に載っていた魚料理の店に入ると、団体客がいてほぼ満員。案の定、注文した○○定食と海鮮丼は待てど暮らせど出てき…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「十四代」高木酒造を見学

山形県村山市にある高木酒造の「十四代」といえば、日本酒を多少かじった人ならば知っていると思いますが、いまやチョーまぼろしの酒になってしまいました。 もう11~12年前の話ですが、この酒蔵に見学に行きました。 昨年12/14にも書きましたが、十四代は私の最も好きな日本酒のひとつです。しかし普通のルートではまず手に入らないし、買えた…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

房総花の旅 3

南房総の旅の二日目の目的は、花摘みとお土産のイチゴの購入です。 午後からは雨の予報なので9時にはホテルを出発、白浜にある「花の里」に向かいました。 ここは入園料500円で、色とりどりの好きな花を10本摘んで帰れます。しかもポピー、ラベンダーなど小さな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

房総花の旅 2 (男湯に女性が!)

鋸南町で水仙を見た後、宿泊先の安房自然村に向かいました。 ここは館山市布良の海岸の近くにあります。 影が砂浜に面白い模様を創ってくれました。 ここにあるホテル「正翠荘」はテレビドラマの「ビーチボーイズ」の…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

房総花の旅

快晴でとても暖かかった昨日、午前中に家を出発し南房総へ向かいました。 途中最初に寄ったのが鋸南町にある「水仙ロード」。駐車場に車をとめて道の両側にある水仙の花を見ながらハイキングコースを登って行くのですが、この冬は寒いせいか花つきがいまいち。 地元では5~7分咲きと言っていましたが、花芽自体が少ないので、一面に咲く水仙の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

北茨城の旅Ⅳ

二日目の朝は早めに出発し、紅葉を観るために花園渓谷に向かいました。 以前春に訪れたときは、水芭蕉の群生と花園神社の石楠花が見られましたが、秋は初めてです。 車のエアコンをつけずに山を登って行くと、段々と車内が冷えていくのを感じます。それにつれてまわりの景色も徐々に色づいていきます。 最初に休憩したのは水沼ダムでしたが、最…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

北茨城の旅Ⅲ

今回の旅のひとつの目的は、五浦海岸の岸壁一面に咲くハマギクの花を観ることでした。 しかし壁面には、ハマギクの花がまったく有りませんでした。 4年前に見たあのハマギクはどうしたのだろうか?時季が遅かったのだろうか? でも岸辺にはまだまだたくさんのハマギクが群生していたし、ホテル前の二ツ島の壁面でもいっぱい咲いていたので、まあ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北茨城の旅Ⅱ

「磯原シーサイドホテル」の部屋は、全室東向きで太平洋に面しています。 朝日は二ツ島の右手から昇ってきました。 下を見ると砂浜ではカメラマンが5~6人、三脚を構えていました。 同じ階のベランダには、やはり朝日を見る(撮る)人たちが出ているようでした。皆さん考えることは同じなのですね。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北茨城の旅

急に思い立って北茨城へ行ってきました。 私は前に書いたように、北茨城に単身赴任していたことがあるのです。(8/3参照) 花園渓谷の紅葉と、五浦海岸のハマギクを見たくなり、出発前夜に「磯原シーサイドホテル」(温泉つき)に電話したところ、運よく空き室あり。当直明けの疲れた身体に鞭打ち、車で出かけました。 ホテルは名前の通り…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more