テーマ:歴史

松山・道後の旅 4

松山・道後の旅も、いよいよ最終日です。 まずはお世話になったリブマックスリゾート奥道後の前で、記念撮影。 とても感じの良いホテルでした。 とりあえずバスで道後温泉まで戻りましたが、旅も4日目になると腰痛持ちで体力のない妻はバテバテです。 私としてはまだ行きたい所がいろいろありましたが、すぐ近くにある道後公園(初日に行った…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

松山・道後の旅 3

松山3日目の朝です。 まずは道後温泉駅舎にあるスターバックスで、コーヒー&サンドイッチで朝食。 外見と同じように、レトロな雰囲気の内装でした。 窓の外には、からくり時計や坊ちゃん列車がよく見えます。 恥ずかしながら、坊ちゃん列車の前で..。 この後、市電に乗り松山城を目指します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松山・道後の旅 2

松山・道後の旅の二日目は、しまなみ海道&カンツォーネ家発祥の地訪問です。 いよいよ息子たちとも合流します。 でもこの日は、数日前の天気予報によると、雨と強風の荒れた天気になるとのこと。 まずは松山駅前でレンタカーを借り、しまなみ海道を目指します。 次男夫婦との待ち合わせ場所は、瀬戸内海を隔てた広島県です。 とにかく…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ラッキーな一日

先週の文化の日、天気が良いので車で30分のところにある房総のむら・房総風土記の丘へ行ってきました。 方墳としては日本最大の岩屋古墳のそばを通ると、なんと古墳の上に人が登っています。 この風土記の丘には114基の古墳がありますが、古墳は昔の人のお墓ですから登ってはいけないことになっています。 係りの人に訊いてみると、今日…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

千葉の稲毛を散策

一昨日の水曜日は、毎月恒例の三水会がありました。 今月は私の企画で、千葉県稲毛地区の散策です。 京成稲毛駅集合で、今回のウォーキング参加者は7名。 曇り空の、わりと涼しい一日でした。 まずは日本のワイン王といわれた明治の実業家、神谷伝兵衛の元別荘へ。 大正7年に建てられたそうですが、関東大震災にも耐えています。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

岡倉天心と五浦海岸

昨日は久しぶりに、新宿で映画を観ました。 「天心」です。 この映画は、明治時代の初期、日本の西洋化が吹き荒れるなかで、日本の伝統の美を守り、新たな日本画の創造を目指し奔走した、岡倉天心とその弟子たちを描いています。 天心は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の校長を務めていたとき、西洋画派との対立により辞任。日本美…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

偕楽園は萩盛り!

萩の花が見ごろの、水戸の偕楽園へ行ってきました。 ここは金沢兼六園、岡山後楽園と並んで、日本の三大庭園と言われています。 偕楽園と言えば、梅の花で有名ですが、萩の花も見事でした。 上の写真は、好文亭の中から撮りました。 好文亭からは、萩の森や千波湖が見えます。 好文亭の各部屋は、撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平林寺、光と影..

埼玉県新座市、平林寺の紅葉です。 先週、S先生の歌のレッスンの後、その近くにある平林寺へ紅葉を観に行きました。 紅葉度は50~60%といったところでしたが、平日にもかかわらずかなりの人出でした。 ここは松平伊豆守信綱ら、松平家の廟所として知られ、立派なお墓がたくさんあります。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

秋雨前線

せっかくの連休だったのにスッキリしない天気が続き、写真を撮りに出かけられないで欲求不満が限界まで溜まっている人も多いと思いますが、私の勤務先のビルでは映画館とパチンコ屋が絶好調でした。 映画は別として、いい若いモンがいくら天気が悪いといっても朝から晩までパチンコをやっているなんて、「アンタ時間の無駄遣いをしていない?」と言いたく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雷電為右衛門の碑

我が家で実に22年も働いてくれたオーブン電子レンジが、ついにリタイア寸前になってしまいました。妻の強い要請により、朝一番で家電量販店に飛び込みました。 店ではちょうどH社の若い男性キャンペーン員が、明らかに栃木出身と分かる言葉で訥々と説明していました。妻はいろいろ質問していましたが、結局彼がPRしていたH社の最新機種のものを購…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ユリウス・カエサル

ユリウス・カエサルに関する本をここのところ何冊か読んでいましたが、一段落しました。一言でいって彼は大天才だと思うし、思想は別として私は彼のような人物は好きです。。 わが国では彼のことを英語読みで、ジュリアス・シーザーと呼んでいましたが、最近は教科書もユリウス・カエサルに統一されてきたようです。 何がすごいのかというと、①戦争の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more