母の嫁ぐ日

終戦直後、夫をひとり残し、幼い男子と姑を連れて樺太から北海道へ引き揚げた文子は、夫が樺太で病死したことを知る。
文子は姑と数々の苦労をしながら息子を育て、息子は小学校に上がった。

文子は教師の仕事とアルバイトをしながら家系を支えていたが、気持ちは再婚へと傾いていく。

画像


戦後の混乱期に、生きるために必死だった女性が、亡き夫の家を息子に再興させたいという気持ちの中で、女としての幸せを求める気持ちも、抑えることができない。
しかし子連れ、姑連れにまともな再婚話があるわけもなく、文子の心は揺れ動く。


大学の一年先輩で、あるグループとゼミでも一緒だった岩城圀彦さん(ペンネーム)が、このたび小説を出版されました。
編集者としてサラリーマン生活を終えた後、ご自分の経験もベースにして書き上げたようです。

歴史研究家としても活動されている岩城さんは、戦後の生活状態を忠実に再現しながら、女性が書いたのかと思わせるくらい、見事に女心を表現しています。

戦争を知らない人たち(私も記憶がない一人ですが)には想像できないような、住むところも食べるものもない、まず今日を生き延びなければならなかった終戦直後。

その中で、嫁が夫の家系を守るとは、子供の本当の幸せとは、女の幸せとは何か?と問いかける、珠玉の名作です。

           「母の嫁ぐ日」   岩城圀彦 著    文芸社    定価 1,470円

  (東京の主な配本先)

       リブロ、紀伊国屋書店、三省堂書店、芳林堂書店、よむよむ、丸善、etc.
   
上記以外でも、どこの書店でも注文できます。


画像



当直明けの今日の午後、スタジオ アマンドールへ行きました。(昼間は初めて)
お客は私のほかに女性が3人。
皆さん、なかなかお上手でした。

私は最初、クリスマスソングに挑戦も、なれない歌でいまいち。
その後、「愛は限りなく」 「少しは私に愛を下さい」 「夜のタンゴ」を歌ったところで、夜の別の飲み会があるので、後ろ髪を引かれながらお先に失礼。

お客の女性2名は初対面でしたが、私のブログを読んでくださっていたようで、うれしいやら恥ずかしいやら。
インターネットの威力と恐さを再認識しました。

悪いことはできませんね。
いや、別に悪いことをしているというわけではありませんが。

 (下の写真は、photo-kさんが「竹林の紅葉」をアップされたので、私も真似してアップしてみました。)

"母の嫁ぐ日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント