秋バラの季節なのに

台風が日本列島の南を通過中です。
どうやら上陸はなさそうですが、皆さんも十分お気を付けください。

127496247702516429560_2010_0527_085054-P1100189.jpg

雨続きで、最近は散歩にも行けません。
徒然なるままに、久しぶりにYouTubeに投稿してみました。
悲しい曲を、悲しく歌い過ぎてしまいましたね。
ますます気分が鬱になったらごめんなさい。
バラの花の画像が、少しは癒しになるでしょうか?
(登場する写真は、すべて過去にブログにアップしたものです。)

「少しは私に愛を下さい」  作詞・作曲 小椋佳



ついでにもう一曲、昨年のキサスライブで歌った曲ですが、ブログを休んでいたときだったので、ブログでは初めてのご紹介です。
古いカンツォーネで、ご存知の方も多いと思います。
テンポのよい曲ですが、内容はつらい別れの歌です。
(雨がやんで、空に虹がかかっているけれど、僕の心の中には雨が降っている
 んだ。さようなら、いとしい人よ!)
Pioveとは、イタリア語で雨が降るという意味です。

「Piove」(チャオチャオバンビーナ)  



次に歌をアップするときは、明るい曲にしますね~。

この記事へのコメント

S子
2020年10月10日 18:38
ご無沙汰しておりました。
懐かしいお顔と素敵な歌声に少しもお変わりないご様子懐かしく存じました。
イタリア語なのですね。分かるはずもないのですが、胸にしみました。
また素敵なお歌聞かせてくださいね。バラのお花も素敵です。私は
今年はヒガンバナを見る機会もなく過ごしてしまいました。
2020年10月10日 20:50
深まる秋の気配。
自然の彩りも少しずつ陰影を増しています。
秋を儚く哀しい季節と評する人もいれば、
秋ほど絢爛と美しい季節はないという人もいます。
そして秋はもの思う季節。落ち着いて静かに自分を見つめることが
できるときでもあります。
カンツォーネさんの歌はそんな秋にピッタリ💖
前回のブログ、一面の彼岸花の風景とともに
聞かせていただきたいなぁ~と思っておりました。
華やかな薔薇の花を眺めながら、今、聴き惚れております。
丁寧にしんみり、感情を込められた歌声、流石ですね。
”チャオチャオバンビーナ” 私には久しぶりのカンツォーネ♪
ピアノ伴奏に合わせてリズムよくカッコよく歌われています。
素敵なお店で、美味しいワインを飲みながら聴きたくなりました♡
カンツォーネ
2020年10月10日 21:18
S子さん、こちらにもコメントありがとうございました。
東京でのオフ会でお会いしてから、もう10年近くなるのでしょうかね。
私はあの頃よりも、すっかりやつれてしまいました。
もう後期高齢者ですから。

歌や見栄えが悪くなっても、記念にいっぱい公開しようという気になってきました。
お耳汚し、お目汚しになりますが、これからもお付き合いくださいね~。
カンツォーネ
2020年10月10日 21:33
オパールさん、めっきり寒くなりましたね。
春は気持ちがワクワクがしてきますが、秋は哀しいというよりも、もの想う季節ですよね。
最近は昔のことを、よく思い出します。年のせいかな~?

「少しは私に愛を下さい」は、最初に歌を習った先生に、暗すぎるからステージでは歌うなと言われていたのですが、好きな曲なので歌ってみました。
小椋佳は、もっとさらっと歌っていますね。

「チャオチャオ バンビーナ」はテンポがよいので、もっと明るく歌う人もいますが、歌詞の内容に従うと、こんな感じかなと思います。
まずい歌を聴いていただいて、ありがとうございました。
2020年10月12日 17:04
カンツォーネさん こんにちは♪
きれいなバラの花ですね。以前撮られたバラのようですが、
管理の行き届いたバラ園のようですね。
「少しは私に愛をください」は聴いたことはありましたが、
歌ったことはありませんでした。歌詞の中に「バラ」の花が
あったのを今まで知らなかったです…。
世の中の歌は…悲しい歌と楽しい歌は半々でしょうね♪
カンツォーネさんは歌が上手いので、どちらもOKです(^^☆
カンツォーネ
2020年10月12日 21:12
カンツォーネ
2020年10月12日 21:22
まりさん、コメントありがとうございます。
バラの写真は、隣の八千代市にある有名なバラ園で撮りましたが、最後の写真だけは、茨城県のフラワーパークで撮りました。
秋バラの季節ですけど、天気がいまいちなので、見に行けません。

歌を聴いていただいて、ありがとうございました。
歌は失恋の歌詞が多いですよね。
私も若いころ、いっぱい経験していますけど(笑)、年を取ったら明るい曲が好ましくなりました。
次にアップするときは、楽しい歌ににしますね~。
ハーモニー
2020年10月13日 19:43
こんばんは。

美しいバラの花とともに、カンツォーネさんの歌声聴かせていただきました♪
1曲目「少しは私に愛を下さい」、ちょっぴりおセンチになりそうな曲ですね。
深まり行く秋を思わせるような旋律です。

2曲目の映像拝見してると、アマンドールでのカンツォーネさんを思い出します。
もう、何年前になるのでしょうね?
懐かしいです~♪
カンツォーネ
2020年10月13日 21:25
ハーモニーさん、歌を聴いていただき、ありがとうございます。
2曲とも明るい曲ではないので、深まりゆく秋に相応しい、といえばそうかもですね。
チャオチャオバンビーナは、日本の歌手は明るく歌う人が多いですが、歌詞の意味からいうと、ちょっと違うかなと思います。

ハーモニーさんとソナチネさんが、はるばる高円寺のアマンドールまで来てくださったのは2010年3月ですから、もう10年も前のことですね。
本当に懐かしいな~。
2020年10月15日 15:09
こんにちは~!!  ご無沙汰致しております!!


今日も雨。。。雨が降り続きますね~。。
膚寒く、昼間でもどんより薄暗いです。

でも、カンツォーネさんの素晴らしい歌声と
バラの花の美しさに癒されていますよ~(*^^)v

小椋佳さんの曲はしっとりした曲が多いですね。
その辺よく歌いこんでらして、とても素敵だと思います~拍手

歌うオフ会は、本当に楽しかったですね~(^^♪
コロナ禍の昨今で、またの機会は、?
再度カンツォーネさんの 
生の歌声もお聴きしたいで~す^^
そんな日々が戻るとよいですね!!
カンツォーネty
2020年10月16日 22:26
カンツォーネ
2020年10月16日 22:41
麦さん、こんばんは。
秋を通り越して、すっかり寒くなってしまいましたね。
雨は多いし、爽やかな秋は、どこへ行ってしまったのでしょうか~?
ふるさと広場のコスモスも、そろそろ見ごろなんですが、スカッとした青空の下で見たいです。

歌を聴いていただいて、ありがとうございます。
そういえば、歌うオフ会は2年やっていませんね。
コロナ問題があったとしても、来年できないかな~?
歌は別としても、食事だけでもしたいですよね。
のんた
2020年10月28日 15:28
秋が深まってまいりました。
久しぶりにカンツォーネさんの歌声をお聞きしました~
そうか・・チァオチァオは雨が降る、という曲だったのですね。
御一緒のライブに参加させていただき、Pioveというタイトルを拝見していながらどういう意味か考えていませんでした。全然印象が変わりました。
カンツォーネさんのこの曲の歌声の哀愁の意味がやっと、一年以上かかって!わかりました。でも遅ればせながらわかって良かったです。カンツォーネさんの歌声の大事なところを飛ばして聞いてしまっていて損しちゃうところでした。もう一回お聞きしてみようっと!
芸術の秋、芸事の秋、コロナで制約が多くて大変ですが2020年の秋を楽しみたいものです。
カンツォーネ
2020年10月28日 21:28
のんたさん、コメントありがとうございます。
Pioveはテンポの良い曲なので、明るい歌と思われがちですが、哀しい別れの詞なんですよね。
日本の歌手では、明るい詞にして歌っている人もいるみたいですけど。

秋らしい爽やかな日が続いていますね。
でも一日の寒暖差が激しくて、ちょっと体調を悪くしてました。
でも来年初めのライブに向けて、そろそろ始動します!
声帯が退化してないだろうな~。
お互いに、頑張りましょう!