上野~八王子へ

上野公園にも、清水寺があるのをご存知でしたか?
ご覧いただけるように、舞台もあります。
  (以下の写真も含め、すべてクリックで拡大できます)

画像

八重桜が咲き新緑がまぶしい季節になると、毎年必ず上野の杜を訪れます。
目的は、東京都美術館で開催される「日本現代工芸美術展」の鑑賞です。

この数年、会場内は撮影禁止になっていたので、ブログ記事にしないこともありましたが、今年は撮影OKになりました。
陶磁、漆、染織、木、金属、紙、人形、その他が約600点、どれも大作ぞろいで圧倒されます。

画像

金属

画像

金属

画像

陶磁

画像

人形

画像

染織?

そして私の小中学校同期生で染織作家、猪熊眞智子さんの作品「あらわれた街Ⅱ」です。

画像

昨年の「あらわれた街」に続く作品です。 (販売されていた絵葉書をコピーしました)
彼女はここ数年で作風が変わりましたが、今年も素晴らしい大作でした。

下の作品は、2010年の同展に出品された「月あかり」です。
猪熊さん、「大作を製作するのは、体力的にきつくなった」と言われてましたが、これからもずっと続けてほしいです。

画像

毎年招待状を送ってくださる猪熊さん、今年はなんと5枚もいただきました。(1枚で2名可)
工芸に興味のありそうな友人たちに声をかけたところ、あっという間に捌けてしまいました。
人気の美術展なのですね~。

さてこの日は、そのあとの予定がありました。

4月7日のブログ記事に書いた親友Mのお墓詣りに、高校同級生のNと一緒に行きました。
 (そういえばMと私は小学校から高校まで一緒だったので、↑の猪熊眞智子さんとも小中学校で一緒です)

千葉からはすごく遠い~!
八王子からバスに20分くらい乗り、降りてから徒歩10分。

画像

でも天気は良く、新緑と八重桜がきれいです。

画像

Mのお兄さんが書いてくれた略図を参考にお墓を探すと、間もなく見つかりました。

画像

Mがなくなったのは平成8年、まだ51歳でした。
彼とは思い出がいっぱいあり過ぎますが、次回ブログ記事にしたいと思います。


話は変わりますが、佐倉アスリートクラブ代表の小出義雄監督がなくなられました。
私の妻がS化学の女子選手の合宿所に勤めていた時、大変お世話になりました。
パートのおばさんへも気配りのある、気さくな方だったようです。
ご冥福をお祈り申し上げます。

小出監督に関連する過去記事を、ぜひご参照ください。
ここです!

この記事へのコメント

2019年04月29日 21:26
上野の杜の清水寺、知りませんでした。
若葉に赤いツツジが映えてきれいですね!!

同期生の猪熊さんの作品素晴らしいですね~
ビルの小窓の緻密なこと。。染物とは思えませんね~
個人的には、「月あかり」が好きです^^
お色のグラデーションがなんとも神秘的、魅了されますね!!
随分前のことですが「日本現代工芸美術展」には何度か行きました。
私の「三人会」のひとり、Nさんの妹さんご夫婦が彫刻家だって、たので。。
でも、工芸展は前衛的作品が多く、難しいな、と思いながらでしたね。

お友達のMさん、51歳とは早過ぎましたね~残念でしたね!!
ご冥福をお祈り申し上げます。
カンツォーネさん遠くからお参りに行かれて、Mさんはさぞ嬉しかった事と思います!!

奥様、小出監督や高橋尚子さんや有村裕子さんなどとご縁がお有りだったんですね。
城下町の佐倉、お花やスポーツ、文化面などなど
とても魅力ある素晴らしい市ですね!!
カンツォーネ
2019年04月30日 20:58
麦さん、今日で平成が終わりですね。
政治のことは別として、素晴らしい天皇皇后両陛下だったと思います。

麦さんも工芸展へは、何度かいらしてたのですね。
毎年大作ぞろいで、圧倒されます。

Mのことは、次回ブログ記事にしたいと思っています。
もし彼がまだ生きていたとしたら、お互い老年になったいま、どんな話をしながら一緒に酒を飲んでいるのか..、残念!
2019年05月01日 20:25
「日本現代工芸美術展」今年は撮影できて良かったぁ!!こんなに素晴らしい作品をカンツォーネさんのお陰で、拝見することができるなんて・・・私、幸せものです。それにしても小中学校同期生、優秀な方々が多いですね。作品の美しい色づかいにうっとりします。気持ちが落ち着きますね。さて青葉繁れる好季節、お若くして亡くなられたお友達のお墓参りをすることが出来て、ほんとうに良かったです。ご立派なお墓ですね。たくさんの思い出がおありだと思います。又、お話きかせてくださいね。
さて、亡き小出監督さんの過去記事を読ませて頂きました。
奥様が女子選手のお食事を作られておられたなんて、素晴らしいお話を聞きました。日々の食事は身体づくりの基本ですものね。カンツォーネさんがお元気なのも奥様のお陰ですね。感謝、感謝ですよ。
カンツォーネ
2019年05月01日 21:15
オパールさん、この美術展は600点くらいの作品が出品されているので、見るだけでも大変です。
アップしたのは、写真を撮りやすい場所にあったからです。
猪熊さんは私と同い年なのに、こんな大作を製作されて、すごいです!

小出さんは気配りのある方で、お盆や正月で合宿所の食事を作る必要がないときは、パートの家内宛に自ら毛筆で「寸志」と書いて、ポケットマネーで日当に見合う金額をくださっていました。
最近のうちのカミさんは、息子が来たとき以外は、ほとんど料理の腕を振るっておりません。
S子
2019年05月07日 17:56
コメント早速有難うございました。
八王子へいらしたのですね。
私は、甲府から八王子を経て、横浜へ良くいきましたがやはり遠いです。
最近は外出も億劫になって、もう五年くらい行っていません。孫の結婚パーテー以来でしょうか。それもクルマで送り迎えして貰って…圏央道も出来たと言うのにやはり遠く感じました。
八王子のお友達のお墓、素敵ですね。弟の墓地も八王子のお寺にあるのですが、最近足が遠くなりました。やはり声楽好きでしたので石碑には楽譜が彫られていますが、もう歌声が聞かれなくて、寂しいです。音痴の私と姉弟。可笑しいでしょうけれど、私聞くのは好きなんです。次回のお友達Mさんのお話拝見にまいります。Mさん随分お早いお別れで、本当に残念でしたね。お悔やみ申し上げます。
カンツォーネ
2019年05月08日 21:10
S子さん、そちらからは八王子はわりと近いですけど、千葉からはすごく遠いです。
同行したN君に背中を押されて、行ってきました。
墓前にMのご家族が置いていったのか、ビールの缶があったのが彼らしいなと思いました。
S子さんの弟さんは音楽がお好きだと以前伺っていましたが、お会いする前に亡くなられてしまいましたね。
石碑に楽譜が彫られているなんて素敵ですね。
私も歌をお聞きしたかったです。
2019年05月09日 00:45
こんばんは。
お久しぶりです。
ご無沙汰してました。

素敵な作品の数々ですね。
陶磁と人形の作品が気になります。
芸術って感じで素敵です。

八王子に来られたんですか。
八王子は広いのでお墓が多いんですよね。
千葉からでは、気が遠くなりそうに遠いですよね(笑)。
都心を超えるんですかね。
さくら
2019年05月09日 09:44
最後の文章間違えました。
都心を越えるんですからね!
です(笑)
カンツォーネ
2019年05月09日 09:45
さくらさん、ほんとお久しぶりですね。
お元気でしたか?

佐倉から八王子は、すごく遠いです。
でも天気が良くて、爽やかなお墓参りでした。
そういえば、さくらさんが八王子でお勤めされてた時、髪をカットしていただきに伺いましたよね。
懐かしいです。
カンツォーネ
2019年05月09日 09:48
さくらさん、そうです。
新宿まで出て、中央線で行きましたよ。

この記事へのトラックバック