春を待つふるさと広場

画像

ふるさと広場のシンボルのオランダ風車。

画像

そのまわりは四季折々、花の群生で楽しませてくれますが、今の時季は花はなく、立て札がいっぱいあります。

画像


画像


画像


画像

そう、子供たちがチューリップの球根を植えてくれたのです。

画像

4月になれば風車の前は、チューリップの花でいっぱいになります。
幼稚園、小学校の生徒さん達たち、ありがとう!

昨年春の写真をご覧ください。

画像


この記事へのコメント

2017年01月23日 08:32
おはようございます。
子供たちが一生懸命植えてくれて、あの綺麗なチューリップのお花畑が見られるんですね♪
子供たちが植えてるのを思いながらお花を見るときっと余計にお花畑が愛おしく見えますね~🎶 春が待ち遠しいですね(*^^*)
カンツォーネ
2017年01月23日 10:10
ひまわりさん、おはようございます。
さっそくのコメント、ありがとうございます。
寒い日が続きますが、春が待ち遠しいですね~。
きっと子供たちも、首を長くして待っていると思います。
ひまわりさんも、咲いたら是非見に来てください。
2017年01月23日 16:13
良い風景です、風車は!
チューリップがあると2倍も3倍も価値があがるね。
子供達もひと役かってるのですね
2017年01月23日 17:22
こんばんは~☆

子供さん達、寒い中頑張ってくれたんですね♪
チューリップは寒さに当たってこそ、きれいな花が咲くんですよね。
自然の不思議、です。

独自のプラカードも可愛らしい~(*^-^*)
春になって、自分の植えた花はどれかな~などと
目を輝かせる子供さん達の笑顔が見えるようですね--、
2017年01月23日 19:08
凛!とした空の下、オランダ風車が目を惹きます。
幼稚園、小学生の皆さんが球根を植えたのですね。
春、一斉に咲くチューリップ、楽しみです♪

今の時期が寒さの底でしょうか。お身体ご自愛ください。。
S子
2017年01月24日 12:00
壮大な風景にいつも慰められているわ脚です。こちらでは見られない風景です。小学生たち丹精のお花畑が美しく彩られる日も近いのでしょうね。私も楽しみに待っています。
外は今、ものすごい風が吹き荒んでいます。こんな時は日本海側が大雪の降っている証拠です。ガラス越しに、真っ青い空に浮かぶ千切れ雲を眺めながら、日本は広いなあって思ってしまいます。雪の被害が少なくて済むよう祈りながら、私は、家の中にこもる日が続いております。。
2017年01月24日 15:19
すばらしい青空にすっくと立った風車の姿。
かっこいいですね。
その足元には、小学生、幼稚園児らの植えた球根のチューリップ畑。
花の咲くのが楽しみですね。
咲いた花畑をイメージして、球根を植える子どもたちの姿目に浮かびます。
広大な面積ですから、大変な作業ですね。
やはり人手がモノを言う仕事?でしょうか。
春が楽しみです。
カンツォーネ
2017年01月24日 20:01
さくらんぼさん、こんばんは。
風車のまわりは市民の憩いの場ですが、やはり花がないと寂しいですね。
子供たちは、一役どころか二役も三役もかっています。
春が楽しみです。
カンツォーネ
2017年01月24日 20:06
麦さん、こんばんは。
球根は、子供たちが去年から植えてくれています。
春に花が咲いたら、きっとクラスごとに見に来るのだと思います。
「僕が植えたのは、あれだ~!」とか、賑やかなことでしょうね。
春には、私たちも楽しませてもらいます。
カンツォーネ
2017年01月24日 20:10
ハーモニーさん、こんばんは。
この場所は私の歌の練習場所であり、ウォーキングコースでもあります。
いまの時季は何も花がなく、ちょっと寂しいですが、春になればチューリップで埋め尽くされます。
これも子供たちのおかげですね~。
カンツォーネ
2017年01月24日 20:15
S子さん、寒い日が続いていますね~。
私もウォーキングをさぼりがちです。
そちらは雪はあまり降らないのですか。
でも寒さは千葉の比ではないのでしょうね。

春のチューリップの開花が楽しみです。
これも子供たちのおかげですね~。
カンツォーネ
2017年01月24日 20:22
りりいさん、こんばんは。
私は子供たちが球根を植えているところを見たことがありませんが、広いから大変な作業ですよね。
花が咲いたところも必ず見学に来ると思いますが、自分が植えた場所を覚えているのかな~?
先生の指導で、ちゃんと図にかいているのかな?
いずれにしても、みな心待ちしていることでしょう。
2017年01月25日 22:37
うわぁ~ふるさと広場のオランダ風車の周りには子どもたちの夢がいっぱいなのですね~春になると赤、白、黄色の可愛いチューリップの花が咲くことを楽しみに・・・小学生や幼稚園の子どもたちが一生懸命、球根を植えたと思うと感激しちゃいます。”喜びという種を次々と蒔けば、そこから優しさや思いやりという芽が吹きます。それは、あなたやあなたの周りをも幸せにする花へと育ちます。”誰もが望む幸せの日々、それは喜びの種を見つけることから始まるのですね。今年の4月頃、チューリップの花が満開になるのを私も楽しみにさせて下さいね。
カンツォーネ
2017年01月26日 21:45
オパールさん、こんばんは。
そう、ここのチューリップまつりは、子供たちの助けがないと開催できません。
うちの子供たちも、小学生の時に植えました。
春になると、近隣だけでなく、東京などからも見物客が訪れます。
寒い時季に子供たちが心をこめて植えた球根が、春には大勢の人たちに幸せを与えているのですね。
はい4月には、満開の写真をアップさせていただきますね~。

この記事へのトラックバック