真っ青な空と海!

昨日は南房総の東京湾フェリー乗り場がある、金谷港の近くへ出かけてきました。
房総の海と空は、これが本当に千葉の海!?と思うくらい、最高にきれいでした!
富士山も見えていますね~。

画像


一昨日の台風は、日本列島に大変な被害をもたらせました。
私の次男は京都の桂川のほとりに住んでいるので、川が氾濫したというニュースを見てびっくり!
幸い息子のところは大丈夫だったようですが、被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。

画像

今日の目的は、金谷美術館へ行くことです。
この美術館では現在、「& OCEAN」という房総にちなんだ特別展を開催しています。
東山魁夷の「濤声」というリトグラフや、千住博の「ザ・フォールズ」などが観られます。

画像

私は絵を観るためだけに高速道路を使ってドライブするのは、あまり気が進まなかったのですが、妻の強い要望により出かけました。

もちろん絵も素敵でしたが、出かけたおかげで、冒頭の写真のような、素晴らしい空と海を見ることが出来ました。
何回となく訪れている南房総ですが、こんなに美しい海を見たのは初めてです。
台風一過で空の色が真っ青に澄みわたっていたことが、大きな原因だと思いますが、被害に遭われた方々のことを思うと、ちょっと後ろめたさを感じてしまいます。

画像

別館は昔の蔵を利用しています。
昨日は、昔の海女さんの写真展を開催していました。

画像

庭園にも、明るい陽が降りそそいでいました。

画像

鋸南町で見つけた、こんな建物。

画像

ここは若い女性のガラス工芸家が経営しているカフェでした。

画像

店の中は、普通の家見たいです。
海からの風が、とてもさわやかです。

画像

子供も遊べるような部屋。

食事もコーヒーも、とても美味しかったのですが、写真を撮り忘れました。

画像

勝山海岸の海。

画像

この海岸には、初めて行ったかも。
なかなか面白い岩がありました。

このまま温泉宿にでも泊まりたいところでしたが、翌日の予定もあるので、買い物をして帰りました。
でもこの日の大収穫は、なんといっても房総の海と空でしたね~!

この記事へのコメント

2013年09月18日 15:51
まだ房総半島には言ったことがありませんが、富士山が見えるんですね。すてきです。
台風が上空のちりを一掃してくれて、空気も澄んでいたことでしょう。
こちらも昨日の空は、みごとな快晴でした。
カンツォーネさんは、自然派?
美術館の中の絵も見たいですね。
でも、日本の美術館は、普通撮影禁止ですよね。
ヨーロッパでは、超特別な絵以外は、けっこう撮影できてしまいます。
(もしかすると、ダミーの絵が飾ってあるのでは?と思うときもあります)
2013年09月18日 17:00
台風の後なんで、空・海・空気とても綺麗だったでしょう!
それだけで、酒の肴・・いや目の保養になりますよね。

時として、海は悪魔なりますが、癒し・幸福の象徴として、そし海の幸・富としてずっとお付き合いしたいもんです。
カンツォーネ
2013年09月19日 20:07
りりいさん、こんばんは。
今の時季で富士山が見えるのは、珍しいです。
冬場は、かなり見られるのですが。

日本の美術館は、ほとんど撮影禁止ですね。
ストロボでの劣化?あるいは著作権の問題?
まあ、それになれてしまってるので、仕方ないですが。
カンツォーネ
2013年09月19日 20:15
大吾パパさん、台風の後は、内房の海も、印旛沼も、霞ヶ浦も、きれいだったことでしょう。

穏やかな海を見ていると心が安らぐのは、人類が海から上がってきたからなのでしょうか。
そうだ、海を妻と置き換えてみても、違和感がないかも。
うちの場合、「癒し・幸福の象徴」よりも、「悪魔」の時の方が多いですが。
2013年10月03日 14:22
こんにちは。
お久しぶりです。

9月は意外にお店が忙しくてバタバタしていて、
仕事終わって夕飯終わると早めに寝てしまって
あまりブログ回り出来ませんでした。

素敵な所へお出かけでしたね。
空と海が美しい私的なお写真が撮れましたね。
絵画展も良かったですか?
カンツォーネ
2013年10月03日 20:41
さくらさん、お仕事忙しかったのですね。
でもお元気そうで、安心しました。

南房総へは何回も行ってますが、こんなにきれいな海を見たのは初めてです。
絵画展も良かったですが、それ以上に素晴らしい海でした。

この記事へのトラックバック