もう彼岸花が!

画像

この辺りの稲刈りは大半終わっているのですが、ふるさと広場のそばは、まだ刈られていませんでした。

画像

夏休みが終わって、広場を訪れる人も少なくなりました。

画像

葛の花が、まだ咲き残っています。

画像

通称ねこじゃらしの、エコノグサ。

画像

握りこぶしのような、コブシの実。

画像

草むらの中に、一輪赤い花が!

画像

もう彼岸花が咲いていました。
本格的な秋も、もうすぐそこですね。

この記事へのコメント

2013年09月14日 15:30
今日は。
彼岸花が咲きますと何となく秋の気配が感じますね。
風車と船の取り合わせ、絵画作成に持って来いで、お写真凄い。
こちらのスーパーでは中国産の松茸を売っています。
臨時収入が入ったら買いましょう(多分)。
(オフ会を開催する時は参加予定です。今度は浅草界隈かなそれとも中華街)
2013年09月14日 20:40
よくブログに登場する風車。この近くに、このような船乗り場があったとは、ちょっと驚きでした。
絵になる風景ですね。
ヒガンバナって、ちゃんとお彼岸の時期になると顔を出して咲くから、感心します。
私も今日買い物に行くとき、見かけました。でも、車だったので、写真は無理でした。残念。
カンツォーネ
2013年09月15日 14:51
ひろしさん、この彼岸花は、一般的なものとは少し違うようです。
花びら?が少ないような..。
本格的に咲くのは、やはりお彼岸に入ってからでしようね。

オフ会は、しばらくやってません。
皆さんお忙しいようで、当面予定はありません。
カンツォーネ
2013年09月15日 14:56
りりいさん、このふるさと広場は、印旛沼をめぐる屋形船の乗り場になっています。
私は乗ったことがありませんが、一度は乗ってみたいです。

ヒガンバナ(リコリス)もいろいろ種類があるのでしょう。
写真のものは、彼岸花と言えるものかどうかはわかりません。
台風、大丈夫ですか~?
こちらは強い雨が降ったり晴れたりを、繰り返しています。
幸×2
2013年09月15日 15:41
彼岸花の赤い色って、心にズキュンと来ますね~!
彼岸花の異称はいろいろありますが、相想花(そうしばな)とも呼ばれているそうな…(^^)d
花の咲く時季には葉はなく、葉のある時季には花は終わってしまい、すれ違いなんだそうです。
互いを想い合う悲恋を、連想させるネーミングにキュンと来まして、作詞に活かしたいのですが、なかなか進まなくて放置状態(>_<)
頑張らなくては。。。
彼岸花をみると、線香花火を思い出します。
台風が心配です。お気をつけてお過ごしくださいませm(._.)m
カンツォーネ
2013年09月15日 20:46
幸×2さん、彼岸花って曼珠沙華とか、いろいろな呼び方がありますね。
でも相想花は、知りませんでした。
なるほど、花と葉はすれ違いですね~。

山田耕作、北原白秋の曲で「曼珠沙華」と言うのがありますが、白秋らしくない、ちょっと不気味な感じがする作品です。
真っ赤な血のような色で、お彼岸に咲くから、爽やかなイメージではないのでしょうかね。
台風、お互いに気をつけましょう。
2013年09月21日 22:41
こんばんは。2枚目の写真、遠景と近景の対比がうまいですね。すてきな場所がお近くにあるのですね。彼岸花も今年は早いようですね。うちの母は笑わせてくれるのですが、子どもの頃、この花をなんと「葉見ず花咲く」なんて教えてくれて大人になって???ですよ。でもいろんなネーミングお花は人間の勝手を笑ってるかしらね。わたしは大好きな花でベランダで植えてますが、肥料をほしがるようですね。
カンツォーネ
2013年09月22日 21:09
ののはなさん、こんばんは。
風車と沼の間にサイクリングロードがあり、私のウォーキングコースでもあります。
我が家のお隣さんには、赤や白のヒガンバナがいっぱいあります。

人間は勝手に花の名前をつけていますね。
クサギとかヘクソカズラなんて、可愛い花なのに可哀そうです。

この記事へのトラックバック