みちのく温泉紀行 2

御所湖の朝はすがすがしく、夜に降っていた雨も、完全に上がっていました。

画像


十和田湖の朝焼けに感動した二日目の朝、昼ごろから雨の天気予報なので早めにチェックアウトし、十和田湖の北側を回ってから前日登ってきた奥入瀬渓流を下っていく計画でした。

しかしホテルを出てすぐに本降りの雨となり、湖もかすんでいます。
結局北側に二つある展望台は通過しただけで、奥入瀬に入りました。

前日、よい写真が撮れなかったので、リベンジをと思ったのですが、雨が激しいので撮影はあきらめ、八戸駅でレンタカーを返し、盛岡へ向いました。

画像

盛岡駅の隣にあるマリオスの展望台へ上がってみましたが、こちらも雨で、あまり良い景色は見られませんでした。

画像

そして駅から送迎シャトルバスで、二日目の宿、繋(つなぎ)温泉の「ホテル紫苑」へ。
ここはバラ園もある、なかなか素敵なホテルでした。

画像

ホテルの目の前には、御所湖というダム湖があります。

御所湖にかかる繋大橋の脇には、「シオン像」(船越保武作)が立っています。
ちなみにこの像は、十和田湖の「乙女の像」(高村光太郎作)、秋田県田沢湖の「たつこ像」(船越保武作)と共に、「みちのく三大湖の彫刻」に数えられているそうです。

画像

ゆっくりしたかったので、少し贅沢に貸切露天風呂も借りてみました。(といっても1500円)

でもいろいろなお風呂があり、貸切でなくても十分楽しめ、何よりも泉質が素晴らしく、お風呂から出ると肌がつるつるします。

画像

例によって(笑)食事の写真は撮れませんでしたが、とても満足しました。

ホテルオリジナルの日本酒「紫苑の花」も、そこそこ美味しかったですよ。
「紫苑の花」というと、「秋空のメルヘン」を想い出しますね。

画像

ご飯の時、「あまちゃん」で知られた「まめぶ汁」が出てきました。(私はドラマを見ていませんが)

温泉に何回も入って、いっぱい飲んで、いっぱい食べて、大満足の繋温泉でした。

画像

そして翌早朝散歩した時に見たのが、冒頭の景色でした。
薄日もさしてきたので、湖面に繋大橋が映り、とてもきれいでした。

この記事へのコメント

2013年07月13日 17:25
この前の朝焼けすばらしいですが、この低く立ち込めた雲?霧?情緒あってすばらしいです。
旅行などは命の洗濯とか心の洗濯とか言いますが、まさしくそうじゃなかったですか>ちょっと洗濯しすぎかもしれませんが。

これが、まめぶ汁ですか、食べた事無いですが、どうでした?
以前からは無かったんでしょうね、今ブームなんで急遽メニューにしたかも知れませんね。
お酒を飲んだところは、スナック・バーカウンターですか、こういう雰囲気好きなんです。
カンツォーネ
2013年07月13日 19:59
大吾パパさん、ありがとうございます。
冒頭の写真は、霧だと思います。
離れた所から見たので、雲のように見えるのでしょうね。
そうそう、十分洗濯をさせていただきました。

まめぶ汁を飲んだ頃は、かなり出来上がってましたから、味の記憶は??です。
同じ岩手県でも、この辺のものではないのでしょうから、便乗メニューかな~?

それにしても、カウンターだと良くわかりましたね。
ホテルの食事が座椅子だというので、妻が腰が悪いので椅子席にしてくれと頼んだら、カウンター席にしてくれました。
さすが遊びなれた大吾パパさんですね~!
2013年07月13日 20:56
旅行での天候は選べないので仕方がありませんね。
十和田湖の「乙女の像」、懐かしいです~。

美味しい食事、美酒にご満足されたよう♪
連ドラ「あまちゃん」、結構面白いですよ。

冒頭のお写真、幻想的でいい感じです☆
カンツォーネ
2013年07月13日 21:14
ハーモニーさん、こちらにもコメントありがとうございました。
今回の旅行は、観光よりも温泉でゆっくりするのが目的だったので、梅雨時だし雨は想定範囲内でした。

「あまちゃん」は見たことがありませんが、岩手県ではさかんに宣伝していました。
冒頭の写真は早朝だったので、幻想的な雰囲気が出せました。
もう少し遅くなると、霧が晴れていたでしょうね。
2013年07月14日 18:11
まめぶ汁は、お団子の中に具を包んでいるので、見た目より手間がかかっているようです。岩手県の海岸の方の郷土料理だそうです。
「あまちゃん」はよく見ています。
火・木・金曜日は仕事で見られないので、後からネットの動画で見ているほどです。
最後の写真、繋大橋のピンク色がきれいに湖面に映って・・・、天候の加減でしょうが、幻想的な雰囲気ですね。
温泉旅行は、もう長いこと行っていません。
カンツォーネ
2013年07月14日 19:59
りりいさん、まめぶ汁の説明、ありがとうございました。
美味しかったですが、酔っぱらっていて、正確なコメントができません。
結構手間がかかっているのですね。

繋大橋のところで、ちょうど日が差してきたので、よい写真が撮れました。
りりいさんも、是非のんびりした温泉旅行へいらしてください。
2013年07月14日 21:32
幻想的な霧の湖、美味しい地酒、まめぶ汁などなど
岩手の温泉も楽しめたようで良かったですね!!
「シオン像」は「たつこ像」に似ていると思ったら、作者が同じだったのね。
繋温泉に行ったのはかなり前だったのでシオン像は存じませんでした。
まめぶ汁は県北久慈の郷土料理のようですね。
県南では聞いたことないです~。
でも子どもの頃、小麦粉の皮に栗を包んだ「栗はっと」が美味しかった。
母の味、なつかしい~。
まめぶ汁ってそういうのかしらネ
さぁ~ 次はどちらの温泉でしょう。。
カンツォーネ
2013年07月15日 10:43
麦さん、おはようございます。
今回の温泉旅行で、温泉・料理は繋温泉が一番良かったです。
「シオン像」と「たつこ像」、同じ作者だったのですね~。
麦さんに言われて気が付きました。

「まめぶ汁」と「栗はっと」、似てるかも。
まめぶの方は、胡桃が包んであったのかな?
なにせお酒がまわっていて、記憶が定かではありません。

次回は、もっと南下して行きますよ~。
幸×2
2013年07月15日 19:34
まめぶ汁も栗はっとも“初”です!!
郷土料理って奥が深そうですね~(^^)d
美味しそう(o^o^o)
温泉も良い雰囲気ですね~♪
何処か遠くへ…のんびりと行きたくなりました♪
カンツォーネ
2013年07月15日 21:06
幸×2さん、あちこち、たくさんコメントいただいて、ありがとうございます。
私もまめぶ汁や栗はっとを、知りませんでした。

猛暑だと温泉はちょっときついかもしれませんが、ぜひいらしてください。
遠くへ行かなくても、お近くにいっぱい温泉があるじゃないですか。
お風呂で「おひとりさまの上州路」を歌ってくださいね~。
幸×2
2013年07月15日 21:38
るんるんかかぁ天下と空っ風ェ~ひとり来ましたァ~上州路ぃ~るんるんるんるんるんるん
何気に然り気無く、PRしてくださりありがとうございますm(._.)m
『おひとりさまの上州路』がカラオケに入ったら、タカオさんやさよちんさんと茶々に行きませんか???^ー^)人(^ー^
2013年07月15日 23:03
こんばんは。
一番上のお写真も素敵ですね
幻想的

貸切温泉いいですね!
ゆっくり入れましたか?
温泉はお肌がツルツルになるから良いですよね。

豆ぶ汁美味しかったですか?
「あまちゃん」私は毎日はまって見てますよ。
けっこう面白いですよ。
今確か2010年の事やっているんで、2011年の震災の時期のドラマは放送するのかな?
って今日お客さんが言ってました。

最後の写真も素敵ですね
カンツォーネ
2013年07月16日 11:24
幸×2さん、「おひとりさまの上州路」は調子がよくて、楽しい歌詞で、うきうきしてきます。
そうですね、茶々で皆さんと歌いたいです。
カンツォーネ
2013年07月16日 11:29
さくらさん、ありがとうございます。
やはり早起きすると、よい場面に出会えます。

繋温泉は、特に泉質が良かったです。
「絹の湯」という真っ白なお風呂があったのですが、すごく細かい泡が白く見えるそうです。
とても肌によいとのことでしたが、男性が入るのがもったいないくらい、きれいな温泉でした。

「あまちゃん」、人気ありますね。
そうですか、そろそろ震災の時期にはいるのですか。
2013年07月16日 20:41
カンツオーネさん ご無沙汰しました。
ほぼ同じ時期に青森から盛岡への旅行だったんですね。
雨の毎日でしたが、テレビの天気予報で東京の猛暑を見たら、雨でもいいと思いました。
どれもきれいな写真ですね。
女性の銅像、私も「田沢湖」の「たつこ像」と思いました。
写真のお酒は「しおん」ですか?。
このお酒も見たような飲んだような・・・。
地酒と郷土料理、旅の楽しみでよね。
カンツォーネ
2013年07月16日 21:20
茶々さん、ほんとニアミスでしたね~。
私も雨に降られましたが、帰ってからの猛暑にまいってます。

茶々さんの行かれた五所川原には、顔なじみの居酒屋があり、20年ぶりに行きたかったのですが、残念でした。
この休日倶楽部パスは年2回ありますから、また行きたいです。
冬の青森も、いいかも!

この記事へのトラックバック