ふるさと広場のひまわり

画像


佐倉ふるさと広場のヒマワリが、見ごろになりました。
梅雨の晴れ間に、元気に咲き誇っています。

画像


風車の前は、絶好の撮影ポイント。
でも人や鉄塔を入れないで撮影するのは、なかなか難しいです。

画像


この後、近くの臼井城址公園へ移動。
最近手入れをされたので、見晴らしが良くなりました。
こうやって見ると、印旛沼の景観もなかなかのものです。

画像


ねむの花が咲いていました。
木が大きくなっているので、高いところで咲いていて、うまく撮影できませんでした。

家の近くに自然がいっぱいなので、忙しい時でもちょっと出て花を楽しむことが出来ます。
もう私は、♪俺たちゃ町には 住めないからに♪ですね。

この記事へのコメント

2012年07月15日 16:00
今日は。
一目見て絵画に最適なひまわり広場と感じました。
手法は無論ゴッホ。
風車がアアクセントに成っていて、ひまわりが引き立っているし。

  これ描きたいので2枚お借り出来ますか。
  O.Kを頂いたらばお借りします。

出来上がりましたらお送り致します。
そして日数は一ヶ月内外の予定です。
ねむの花は皇后美智子様が子守唄を作られましたね。
ねんねんねむの木子守唄(こんな感じだったかな)。
自宅からふるさと広場迄2時間以上掛かります。
関東は広い。
2012年07月15日 17:20
いや~暑くなりましたね。
それにしても、絶景ビューポイント!絵葉書・添付画像最高ですね。
すばらしい!です。
見事に同じ向き向いてますね、必ずVサイン・目をつぶっているやつ、横・下を向いている人間にはいるんですが、ひまわりは無いですね。(笑)

最近テレビで佐倉の話題を目にします。まずカミツキガメ、いや~凶暴ですね、気をつけてくださいね。それと”西の長崎・東の佐倉”初めて聞きました。最初カステラ、中華街?なんて思いましたが蘭学なんですね。
2012年07月15日 20:11
一面のひまわりの花、これだけあると圧巻ですね。
みんな同じ方向を向いて・・・。
なんだか校庭に並んだ小学校の頃を思い出しました。
2012年07月15日 21:15
ヒマワリ、まるで絵画を見てるような光景ですね!♪
風車があることによって、日本じゃないような。。

自然に恵まれること、本当に幸せだと思います。
私のところも超・超ローカルですが、それなりに風情があって良いですよ。
都会にも憧れますけど・・・(^^♪
2012年07月16日 13:54
佐倉って、本当にいい所ですね。小学生の頃、縄跳びの数え歌だったか、お手玉の歌だったかしら 
♪一番初めは一の宮、二は日光東照宮、三は佐倉の・・・♪
当時は佐倉ではなく桜だと思って(イメージで)歌っていたような気がします。
さっき、佐倉市のHPを見たら、カンツォーネさんの写真と同じ角度で撮ったヒマワリと風車の写真が載っていました。
2012年07月16日 23:04
臼井城址公園懐かしい~こんな所だったんですね。もう一度昔の記憶をたどっていってみたいですね。佐倉にはいいところがいっぱいですね。
2012年07月17日 15:30
ひまわりの群落見事に作品に仕上がってますね。
風車とひまわりの風景良いですね、千葉に足を運びたいけど中々行けません。
カンツォーネさん良い場所にお住まいですね。
カンツォーネ
2012年07月17日 16:50
Arcobalenoさん、返コメ遅くなりすみません。
こんな写真でよろしければ、どんどんお使い下さい。
やや低い姿勢で撮影したので、実際より奥行きがあるように見えます。

「ねむの木の子守唄」を作曲したのは、山本直純さんの奥様でしたね。
私の実家の近くにお住まいでした。
この曲、私は今でもソラで歌えますよ。
カンツォーネ
2012年07月17日 17:15
大吾パパさん、写真お褒めいただきありがとうございます。
大吾パパさんみたいに素直なヒマワリばかりだったようで、きちっとそろっています。(笑)
暑い夏の景色には、ひまわりがピッタリ合いますね。

カミツキガメといえば、必ず印旛沼が出てきます。
でも私は出会ったことがありません。(出会いたくないですが)
あちこちに、警告の立て札は立っています。

佐倉で蘭学が栄えたのは、順天堂がここで創立されたのに起因しています。
むかし江戸では、「蘭学を学びたければ佐倉へ行け」といわれたそうです。
カンツォーネ
2012年07月17日 17:23
茶々さん、ひまわりがこれだけ同じ方向を向いていると、見ごたえがありますね。
ほんと、校長先生から見た校庭に並んだ生徒たち、っていう感じです。(笑)
今日のような炎天下だったら、熱射病になっちゃいますが。
カンツォーネ
2012年07月17日 17:35
ハーモニーさん、この広場にこれだけのヒマワリが咲いたのは、初めてです。
いつもはコスモスが咲くまでの夏場は、花が少なかったのですが。

私は田舎に住みながら、職場のある都会まで通勤しているので、両方の雰囲気を楽しんでいます。
でもやはり、休日は田舎が良いです。
カンツォーネ
2012年07月17日 17:48
りりいさん、ぜひ今度は花の時季に佐倉へお出で下さい。
冬以外は、いろいろの花が楽しめます。
お手玉の歌、私は知らなかったのですが、ブログ友のS子さんも知っていらっしゃったので、全国レベルで歌われていたのかもしれません。
それだけ「佐倉宗吾(木内惣五郎)」は農民の味方として、尊敬されていたのでしょう。

佐倉市のHP、見てみました。
ほんとだ、ズーム度は違いますが、まったく同じ角度ですね。
カンツォーネ
2012年07月17日 17:54
ののはなさん、臼井城址公園は、近所の人や犬の散歩以外には訪れる人も少ないです。
私のところからは徒歩10分くらいなので、ウォーキングとしては短すぎるのですが、沼が見下ろせるので、とても気持ちが良いです。
ぜひまた、佐倉へいらしてください。
カンツォーネ
2012年07月17日 17:57
さくらんぼさん、お褒めいただきありがとうございます。
この広場は、鉄塔や送電線があるので、撮影に苦労します。
最初の写真も、鉄塔がなければ、もっと良かったのですが。

是非一度お出で下さい。
さくらさんも来られましたよ~。
Arcobaleno 
2012年07月17日 21:31
カンツォーネさんへお知らせ。
風車の向日葵をばお借りしました。
風車は描いた事が無いので、果たして如何なる事也。
カンツォーネ
2012年07月17日 22:22
Arcobalenoさん、了解しました。
素敵な作品を、楽しみにしています。
2012年07月19日 12:04
咲きそろうひまわり、夏と思いますね。
風車のある風景、ひまわりも良く似合いますね。
故郷広場と風車、何か謂われでもあるのでしょうか?

合歓の花の季節なのですね。
泰山木や合歓の花。高い空を見ているので撮影大変ですね。
とても素敵に写っています。
カンツォーネ
2012年07月19日 20:31
S子さん、梅雨が明けて夏真っ盛りになりましたね。
ひまわりが似合う時季になりました。
風車とひまわり、いわれとかはないと思います。
今までは夏場に花がなかったので、集客のためかな?

車で走っていると、あちこちで合歓の花を見かけます。
駐車して撮影したいな~と思っても、なかなか止められません。
公園の木は大きくて、撮りづらいです。
2012年07月19日 22:17
こんばんは。
わ~~~~!素晴らしいひまわりのふるさと広場ですね
見事なひまわりですね。
私も行きたいです。

ネットがやっと繋がりました
これからもよろしくお願い致します
カンツォーネ
2012年07月20日 19:56
さくらさん、こんばんは。
ここのひまわり、実物よりも写真で見る方がスケールが大きく見えます。
昨日行ってみたら、かなり花が枯れてきていました。

ネットつながってよかったですね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
2012年07月23日 16:00
あの時のが今はみごとな向日葵の群落なんですね~!!
今日は大暑、、本格的な夏の訪れですね~。。
夏は向日葵からパワーもらって元気に過ごしましょう。。

合歓の花の木は大きくなるんですよね~。
この木はふるさとの幼い頃の思い出につながります。
近くの川べりにあって、木登りしたりして毎日遊んだの。。
小川なんだけど、下の流れが恐かった。
でも、登りたかった、、なんなの?この気持ち^^
カンツォーネ
2012年07月23日 19:43
麦さん、ヒマワリももう枯れかかってしまったそうです。
ふるさと広場は、これから印旛沼花火大会の会場となり、それが終わるとコスモス畑になります。
本格的な夏は、これからなのに、もう秋のことを考えてしまいます。

合歓の花、今の時季はあちこちで見かけます。
麦さん、木に登ったのですか~!かなりのお転婆だったのですね~。(笑)
川に落ちなくてよかった。

この記事へのトラックバック