下総馬渡宿百観音

佐倉の地に住んで、まもなく30年になろうとしています。
でもここ「下総馬渡宿百観音」は初めて来ました。

この百観音から数十メーターのところにある「旭鶴」の蔵元には数十回、いや百数十回も来ているというのに..。

画像


ここ佐倉市馬渡(まわたし)は、江戸時代宿場町として栄えたそうですが、この百観音を参拝すると、板東・西国・秩父にある計100か所の観音堂を巡礼したことになる、といわれているそうです。

画像


庚申塔を過ぎると、細い登り道の両側に観音様が並んでいます。
板東33・西国33・秩父34、計100有るそうです。

画像


まったく人の気配のない急坂を、どんどん登っていきます。
薄暗い森の中で、木々の緑が心を癒してくれます。

画像


今年は、まだセミの声も聞えません。
聞えるのは、自分の足音と呼吸する音だけです。

画像


風化して、形がなくなったものも有ります。

画像


登りつめたところに、大日如来があります。
お賽銭を上げ、お参りをしてUターンしました。

画像


道から外れたところに、光るものを見つけました。
ムラサキシジミでした。
こんなにきれいな瑠璃色なのに、なんでムラサキというのだろう?

梅雨の中休みの昨日のことでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年07月10日 06:41
カンツォーネさん、おはようございます。
美しい蝶ですね^^
見つけても、このように翅をひろげていることが、少ないような・・・。観音様、とても歴史がありそうな・・・。パソコンの前でも手を合わせています^^♪
カンツォーネ
2008年07月10日 09:01
湖のほとりから・・・さん、おはようございます。
ムラサキシジミ、薄暗い森の中で、そこだけが輝いていました。
翅をひろげているので、蛾かと思って調べたのですが、蝶でした。
私はこの百観音をお参りしたので、坂東・西国・秩父にある計100か所の観音堂を巡礼したことになります。(笑)
2008年07月10日 17:24
私も行きたくなりました。
中々良い感じのお寺さんですね。
坂東と秩父は巡りましたよ、残りは西国なのですがまだ行けません。
お金と時間が無いと無理ですね、特に○がありません。
確か秩父は34でしたよ、一枚目の写真の幟にありましたね。
カンツォーネ
2008年07月10日 17:53
さくらんぼさん、ご指摘ありがとうございます。
秩父は34ですね。訂正しておきました。
西国は遠いですからね。でも私はお参りしたことになります。(笑)
ここには、お寺はありません。観音様と大日如来が露路にあるだけです。
隣接して、鎮守の森はありましたが。
2008年07月10日 21:44
仏さんって いいですよね~(なんか 変かな??)ごめん 観音さまでした~。凄い発言。。
こういう巡礼も してみたいな~。 たった日本に滞在するのは 5日ぐらいしかないから ゆっくり 日本を 歩いてみたいです。日本は 自然と共存してるいい国だと心から 尊敬してます。これを 次の世代に残していくのも 私たちの責任だと。。。
カンツォーネ
2008年07月10日 23:47
cookieさん、日本にはほとんどいらっしゃらないのですね。
私は田舎に住んでいるので、自然がいっぱいあります。
でもこの百観音は、初めて行きました。
平日は訪れる人も、ほとんどいないようですが。
おっしゃる通り、自然や日本(地球)の良いものを残していくのは、私達の責任ですね。
2008年07月11日 19:20
佐倉の地に住んで、まもなく30年になろうとしています。

って私の倍だわ。私はここに住んで15年。でも何にも知らないょ。
喜多院と成田さんくらいしか知らない。カンツォーネさんはこんな山奥まで歩くの?でもここまで訪ねてくればきっと観音様は護ってくれるでしょう。今日も結局暑い一日だった。朝は曇ってたから涼しいかと思ってたのにね!明日も仕事・・・でも日・月は休みのつもり・・・
火曜日はお食事会だじょ。やっとご馳走にありつける。。。
2008年07月12日 07:27
こちらの100観音を拝むと坂東・西国・秩父の全部を巡礼したことになるなんて・・・昔の人達の知恵ですねぇ~。
うっそうとした雰囲気にご利益がありそう・・・です。

どこかのコマーシャルに「手と手を合わせて幸せ~」というのがありましたが、手を合わせると不思議に真摯な気持(?)になれますね。
2008年07月12日 13:36
いいですね。100観音を一度におまいりできるなんて。
ご利益がいっぱいありそうです。
それに、こんな山の中、ゆっくり歩くと、気持ちいいですね。
こういう観音様おまいりすると、気持ちもゆったりして、忙しさを忘れさせてくれますね。
2008年07月12日 17:34
もちろん初めて見ました。かなり歴史がありそうですね。
大吾パパはたぶん、夜や夕方は1人では歩けません。(恐がりです)
観音様だけでなく如来様があるのでやはり由緒があるのでしょうね。
【100か所の観音堂を巡礼したことになる】考えてみればすごいです。昔の人はすごいキャッチコピーを作りましたよね。
浅草ほおずき市も7月9・10日お参りすれば四万六千日分だそうですから。(127年分?)

2008年07月12日 17:58
すんごい地元話題だぁ。
って、あの51号沿いの馬渡でしょう?
そんなのがあるんですか・・こんど行ってみたいですけど、一人では行けませんね。苦笑。
さて、シンガポールupはもう少しお時間くださいね^^v
カンツォーネ
2008年07月12日 19:57
さよちんさん、こんばんは。
この百観音まで、家から車で20分ちょっとです。
いつも酒を買いに行く蔵元の隣りです。
先日、家のそばでヘビを見たので、ここもちょっとビビリましたけど、トカゲに会っただけでした。
昨日は昼間っから、「スタジオ アマンドール」で大学時代の仲間と、歌って飲んでました。
今日は最高に暑かったですね~。明日は仕事で~す。
カンツォーネ
2008年07月12日 20:06
茶々さん、こんばんは。
ここの隣りの酒蔵は、お馴染みさんです。でも百観音は初めて行きました。
でもこれで、坂東・西国・秩父の観音堂全部を巡礼したことになるなんて、お手軽すぎますね。
でも、すがすがしい気持ちにはなりました。
カンツォーネ
2008年07月12日 20:13
沙羅さん、こんばんは。
ここを登るのは、そんなにきつくはありません。
江戸時代に宿場町として栄えたころは、参拝客も多かったのでしょうが、今はほとんど訪れる人もいません。
お手軽に百観音巡りができてしまいましたが、しばし世俗を忘れました。
カンツォーネ
2008年07月12日 20:18
大吾パパさん、こんばんは。
ここは人っ子一人いなくて、初めはちょっと気持ち悪かったですが、歩いているうちに清々しい気分になりました。
江戸時代は宿場町として栄えたのでしょうが、今はほとんど忘れ去られています。
最近、市の広報に記事が載ったので、行ってみました。
カンツォーネ
2008年07月12日 20:24
hiroさん、お帰りなさい。
シンガポールの記事、楽しみにしていますよ。

百観音は駐車場がありません。
隣りにある「旭鶴」(田中酒造)の駐車場に、とめさせてもらいました。
女性一人では、薄気味悪いかもしれませんね。
一度パパさんといらしてください。
りりい
2008年07月15日 05:47
遅ればせながら・・・
すてきな所ですね。ちょっと前に世界遺産になった
熊野古道と雰囲気が似ています。といっても、私は
その、ほんの一部しか歩いていませんが、草むした石の階段
の辺りの感じが、静かでとてもいいです。
ただ、熊野古道は、もっと人が多すぎて・・・。
世界遺産にならない方が、地元の人にはいいのでしょうね。
最後の蝶の写真が特に素敵です。
カンツォーネ
2008年07月15日 21:41
りりいさん、こんばんは。
熊野古道は、一度行ってみたいところです。
でも、そんなに人が多いのですか? ちょっとイメージが狂いました。
この百観音は、熊野古道とはスケールが月とスッポンです。
頂上の大日如来像まで登るのに、5分もかかりません。
それなのに、板東33・西国33・秩父34か所を巡礼した効果があるそうですから、お手軽ですね~。(笑)
暗い森の中で、蝶だけが輝いていました。

この記事へのトラックバック