秋バラがいっぱい!

画像



                      谷間の美しいバラに 心奪われて
                  若者は昼も夜も 思いつめていた



フィンランド民謡の「谷間のバラ」という曲を初めて聴いたのは、私が20代の時でした。

美しいメロディもさることながら、歌詞に強烈な印象を受けたのを覚えています。
結婚をする前の、私にもまだ少年の心が残っていた時代でした。


画像


今の時季、あちこちでバラの花が見られますね。
先日の日曜日、雨が上がったのでバラ園へ行ってみました。

画像


赤・白・黄・橙、いろいろなバラが咲いていました。
雨でかなり傷んではいましたが..。

画像


園内は、バラの香りでいっぱいでした。

画像


 (上のリンク先をクリックして、曲を聴いてくださいね)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月13日 21:17
カンツォーネさん♪
バラは綺麗。やっぱり美しいです。気品があります。
今はいろんな品種や色のバラがありますね。香りも上品。
私、雨上がりって好きだなあ。空気も良いし~。
雨上がりのバラは素晴らしい。
バラの歌もたくさんあるんですね。
少年の心、今はないですか・・・。
私少女の心、今も持ってるつもりですよ。♪
2007年11月13日 21:23
カンツォーネさん♪(ソナちゃんの真似)
わおっ!!って感じ。すっかり元気そうだし。お酒いけてますか?
薔薇はやっぱりいいなあ~。特に一番上は極めつけだわ。欲しいなあ~ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッって私は巷で「おねだり婆ちゃん」って言われてるんだよ。知ってた?覚えといてね?(^ー^* )フフ♪
2007年11月13日 22:56
こんばんわ。
秋のバラは、春のものより、ウンと鮮やかで綺麗ですね。
朝晩の冷え込みからそうなるんでしょうけれど。
雨に打たれたバラも、いいものですね。
私の方に「花フェスタ記念公園」があり、世界一のバラ園とか。
「谷間のバラ」の詩、胸キュン!の時代のようですね(^^♪
2007年11月13日 23:15
こんばんは。
凄い綺麗なバラの写真ですね。
どこのバラ園ですか?
「谷間のバラ」の曲初めて聴きました。
のんびりとした良い曲ですね。
カンツォーネ
2007年11月14日 00:24
ソナチネさん、バラは気品があって美しいですね。まるでソナチネさんみたいだな~!(笑)
そう、いくつになっても、少年少女の純粋な気持ちを持ち続けたいですね。まぁ、容姿は無理ですけどね。(笑)
「谷間のバラ」聴いてくれた?
カンツォーネ
2007年11月14日 00:29
さよちんさん、こんばんは。
いやいや、酒はほどほどに飲んでいます。大丈夫で~す。
一番上のバラは、色合いがいいでしょう。私も気に入ってます。
えっ、「おねだり婆ちゃん」だって? きっとオトコもそうやって奪ってきたんでしょう。(笑)
カンツォーネ
2007年11月14日 00:37
ハーモニーさん、こんばんは。
秋のバラは花が少ないけれど、色はきれいですね。
世界一のバラ園があるのですか? 行ってみたいですね。
「谷間のバラ」は、ダークダックスが歌っているのを聴きました。久しぶりに思い出したので、ネットで検索してみたらみつかりました。
青春の日の想い出です。
カンツォーネ
2007年11月14日 00:43
さくらさん、こんばんは。
バラの写真は、千葉県八千代市にある「京成バラ園」で撮りました。
この日は特別に無料開放日でした。
「谷間のバラ」は本当はのんびりした曲ではないのですが、機械で作った演奏なので、そんな風に聞こえてしまいますね。
もっと情熱的に、ファンタジックに歌います。
ブルースカイ
2007年11月14日 20:27
カンツォーネさん
薔薇は若さだけの花ではありませんね。
私が20代のとき、そして私の父が60代の時、ちょうど今のカンツォーネさんと同じ年ころだとおもいますが、
そのころ父が作った俳句、

 一本の薔薇(そうび)捧げて老いるべし

若かった私は「フーン、きれいな句だなあ」とだけ思ったのをおぼえています。
今、父と同じころの年齢に達し、この句がしみじみ思い出されるのです。
私もそうしよう、そう願おうと。
カンツォーネさん、どうぞお大切に。
とんぼ
2007年11月14日 21:01
秋バラはどこか可愛いですね
華やかな春のバラより風情があるように思えますね
「谷間のバラ」いつか聞いたような懐かしさのあるメロディです
きっと昔に聞いて心に残っていたのでしょうね
カンツォーネ
2007年11月14日 21:17
ブルースカイさん、ありがとうございます。
なかなか素敵な句ですね。お父様は、かなりのロマンチストだったのでしょう?
薔薇も色によって、イメージが違いますね。真紅の薔薇は情熱的で、華やかな女性向きですよね。
ピンクの花言葉には、「病気の回復」というのもあるようです。今の私にはこれが似合っているようです。
カンツォーネ
2007年11月14日 21:23
とんぼさんも先日、秋バラをたくさんアップされてましたね。私の方は、腕がいまいちですけど。
おっしゃるように、秋バラの方がホッとするような優しさがありますね。
とんぼさんは、「谷間のバラ」を歌声喫茶でお聴きになったのではないですか?
2007年11月14日 23:45
秋咲きのバラは小ぶりのように見えますが、やはり気品をあります。
「谷間のバラ」ボリューム上げて聞きました。眠気も覚めてウットリしました。今居るこの部屋、ムードがなくてイマイチです。(散らかってるんです)
カンツォーネ
2007年11月15日 13:48
ハナコさん、こんにちは。
家内も、春より秋のバラの方が好きだと言っていました。
「谷間のバラ」はメロディもいいですが、メゾソプラノの女性の歌で聴くと、とても素敵なのではと思います。もう少し、ゆっくり目のテンポで..。

この記事へのトラックバック