シオンの花と蝶

画像
“シオンの花咲く頃わたし 旅に出たの青い空 雲にのってフワフワフワ 風のデュエット聞こえたわ”

30年近く前、NHKテレビの「あなたのメロデイ」という番組で年間最優秀賞をとった曲です。
歌っていたのは“葉子とクリケット”というグループで、女性バンドの草分けでした。
そのグループでベースを弾いていたのが私の古い友人で、現在も歌の方でお世話になっている新橋「アマンドール」のピアニスト小池春美さんです。

昨日「房総風土記の丘」へ行ったところ、シオンの花の蜜を蝶がしきりに吸っていました。この角度では分かりませんが、ヒョウモンチョウだと思いますが...。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2005年09月18日 07:33
歌に詠まれたシオンのなんとロマンチックなムード。秋風と一緒に何処か未知の世界へふわふわと飛んでいってしまいそうな乙女心を巧みに表して
いるのでしょうか。歳をとってもこういう青春の歌はいいものですね。
カンツォーネさんは今朝もボイトレに励んでいらっしゃるのかなー。
カンツォーネ
2005年09月18日 08:46
目黒のおじいちゃん、おはようございます。
この曲はメロディも女性らしい、綺麗な流れるような曲でした。残念ながらヒットはしませんでしたが...
今日は一日仕事で、職場から書き込みしています。
2005年09月18日 08:57
>シオンの花咲く頃わたし・・・。ロマンチックな歌詞です。行く夏を一生懸命に生きた蝶の羽、対称になり、美しいです。シオンの紫色も優しい色です。 
カンツォーネ
2005年09月18日 14:57
湖のほとりから・・・さん、こんにちは。
蝶は動きが遅く、やはり疲れているように見えました。でも翅にキズはなく、綺麗なままでしたので、ホットしました。
2005年09月19日 07:09
シオン咲いていましたか。良いですね。
彼岸花はいかがでしたか?
あのあたりも林に囲まれていて蝶の宝庫なんですよね。

いよいよ、二度目のライブまで1週間ですね。
カンツォーネ
2005年09月19日 09:34
kickhamさん、おはようございます。
彼岸花は見ませんでしたが、学習院講堂前のコスモスは今盛りでした。
ライブも二度目になると、緊張感が薄れてきています。
2005年09月20日 17:46
シオン・・・という花の名前の響きがステキですね。
リバイバルソングとしてもう一度、出されたらいかがでしょうか?

18日、ミニコンサート行って来ました。♪「忘れな草」は女性の方がソプラノで歌われ、音大卒のセミプロの方で、とても上手かったです。
あの歌は男性の方が歌われた方が・・・と思いました。いろいろと勉強になりました・・・。曲目は「ルサルカ」月に寄せるうた「ほほえみの国」君こそわが心のすべて...他でした。
カンツォーネ
2005年09月20日 21:23
まりさん、こんばんは。
そうですね、シオン(紫苑)っていい響きですね。でもこの歌は清純すぎて、今の世の中には受け入れられないと思います。

「忘れな草」をお聴きになりましたか。おっしゃる通り、この歌は男性が女性の目を見つめながら切々と歌ったら最高ですね。
それが憧れの人だったら、さすがのまりさんも涙を流すのでは...。

この記事へのトラックバック