カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 松山・道後の旅 4

<<   作成日時 : 2018/05/04 08:59   >>

トラックバック 0 / コメント 14

松山・道後の旅も、いよいよ最終日です。
まずはお世話になったリブマックスリゾート奥道後の前で、記念撮影。
とても感じの良いホテルでした。

画像

とりあえずバスで道後温泉まで戻りましたが、旅も4日目になると腰痛持ちで体力のない妻はバテバテです。
私としてはまだ行きたい所がいろいろありましたが、すぐ近くにある道後公園(初日に行った河野氏の湯築城跡)の一角にある、松山市立子規記念博物館へ入りました。(シニア料金は半額でラッキー!)

画像

ここは正岡子規に関する資料だけが収録されているのかと思っていたら、古代から中世の伊予についても展示されていました。

画像

↑の資料を見ると、河野氏がいかに中世の伊予で活躍していたかが分かります。
盆踊りも、俳句も、河野氏が始めたのだ〜!  (クリックで拡大できます)

ちなみに正岡家も、河野氏の流れだそうです。

画像

子規と親友の夏目漱石が一緒に暮らした愚陀仏庵の模型。
ここで子規を中心に、句会が行われたのです。

画像

子規と漱石のシルエット動画。

さて次は、市電に乗って松山市駅へ行きます。

画像

子規が17歳まで過ごした邸宅を模して建てられた、子規堂。

画像

子規の絶筆とか。

画像

絵も上手だった子規。

画像

子規堂の前には、坊ちゃん列車の客車がありました。

画像

「乗り込んでみるとマッチ箱のような汽車だ。」(漱石の坊ちゃんより)

画像

ついでに近くにあった、坊ちゃん列車ミュージアムにも行きました。

画像

原寸大のレプリカや、車両部品などが展示されていました。

画像

松山市駅に停車中の坊ちゃん列車を見ていたら、機関士さんが「一緒に写真撮りましょうか〜」。
この方たち、道後温泉駅でも出会いましたが、いつも笑顔のとても感じの良い人たちでした。

この方たちに限らず、松山で出会った人たちは、皆さんおおらかで明るく、心がほっこりしてくるような素敵な方たちばかりでした。
長男の話によれば、四国でも特に愛媛の人はそのようです。
中世に河野氏が治めていた名残かも。(というのは冗談です)

画像

最後に夫婦で撮ってもらい、松山の観光はすべて終わりました。

画像

このあとリムジンバスで松山空港へ行き、成田へ向かいました。

それにしても、長年の念願だったしまなみ海道〜愛媛の旅行(カンツォーネ家探訪の旅でもある)ができ、最高に幸せでした。
皆さまには、長い旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
子規記念館とか子規堂など大変懐かしい思いで拝読しました。
数年前?にTVで「坂の上の雲」を放送してからのことですが、息子と松山の旅をして、訪れた場所を復習していました。
私たちは、内子や大洲へ足を延ばしました。
松山城へ行かれたときに、晴天で良かったですね。
お疲れ様でした。
りりい
2018/05/04 15:17
りりいさん、4回にわたりお付き合いいただき、ありがとうございました。
私も坂の上の雲ミュージアムなど、他に行きたい所がありました。
内子や大洲も行きたかったです。
今回はカンツォーネ家のルーツ探訪の目的もあったので、また機会を作ってゆっくり行きたいと思っています。
というより、できれば永住したいと思わせる松山でした。
カンツォーネ
2018/05/04 21:17
お二人、お元気で素敵な旅。おめでとうございます。
私にとっては、未知な世界。どう言う訳か、九州へは何度も旅をしてるのですが・・目を見張る思いで拝見しておりました。
なんといっても、素晴らしいルーツのお参りが叶って、何よりかと存じます。ご先祖様に感謝の旅でもあってのではと思いました。お二人で、これからもお出かけなさいますよう、お元気でお過ごしくださいませ。
S子
2018/05/05 11:37
こんばんは。
お久しぶりです。
やっと来れました。
花粉も去って
体調と仕事がひと段落しました。

旅行記全て読ませて頂きました。
念願だった「家系をさぐるルーツの旅」が出来て良かったですね。
とても有意義なご旅行でしたね。
伊予の河野氏もとても活躍された方なんですね。
温暖な地域の方々は明るい人が多いですよね。

実は前も言った事あるかもしれませんが、15、6年前
父方のルーツをたどる旅しました。
当時一人旅にはまってたんで、一人で行きました。
父が生前、先祖は九州らしいって言ってたんで、
家紋が鹿児島県島津の家紋だったので鹿児島に行って来ました。
それ以来、勝手に自分は島津の末裔かな?何て思ってます。
「西郷どん」見てます。
さくら
2018/05/05 21:51
S子さん、こんばんは。
昔は瀬戸内海の島々へ行くには、船に乗らなければいけなかったのですが、今はしまなみ海道や瀬戸大橋ができ、車で訪れることが出来るようになりました。
今回は瀬戸内海をドライブしながら、松山まで行くことができました。
これも長男の単身赴任がきっかけなので、息子に感謝です。
息子の言葉を借りれば、これも「ご先祖様が呼んだのかな?」です。
長い旅行記を読んでいただき、ありがとうございました。
カンツォーネ
2018/05/05 22:16
さくらさん、コメントありがとうございます。
お元気そうで良かったです。

旅行記をすべて読んでいただいて、ありがとうございました。
松山は、人も街もとても良いところでした。
息子がずっといるのならば、私も永住したいところですが、すぐまた転勤になってしまうでしょうから..。

さくら家は、家紋が丸に十の字ですか、きっと島津家と関係があるのでしょう。
私も「西郷どん」見てますよ。
かなり脚色されていますが、楽しんでいます。
カンツォーネ
2018/05/05 22:27
カンツォーネご一家のルーツを巡る松山旅行記、遂に堂々完結!
続きを首を長くお待ちしつつ楽しく全編拝読しました。
愛媛県は私にとって未踏の地なのですが、旅行記を拝見してなんとしても行かねば!と思いました。
夜の道後温泉の背後、見てみたいです。
水口酒造のレストランも。
そして河野氏の由来には冒険とロマンが一杯!!
松山へゴー!ですね


のんた
2018/05/06 13:09
まぁ〜とてもお似合いのベストカップルでございますのに、☆マークでお顔を隠されてはもったいないでございます。記念博物館ではゆっくり見学されたことでしょう。その時代のことが甦ってきますね。夫婦でのんびり旅をするには松山・島後温泉はいいですね。いつかきっと・・・さて初夏になる前にアップされたブログ拝見させて頂きましたよ。”芝桜、ネモフィラ、ツツジ、フジ、ニセアカシア”みごとに咲き誇っていて感激致しました。ちょこっと近場で咲いている花の写真とではスケールが違い過ぎて・・・感無量です。
オパール
2018/05/06 19:52
のんたさん、コメントありがとうございました。
旅行記を全部読んでいただいたとは、感謝感激です!

私も愛媛の一部である松山の一部を見ただけで、まだまだ見所がいっぱいあります。
またゆっくり行きたいと思っていますし、できれば永住したいくらいです。

のんたさんも岡山へ行かれるついでに、寄られたらいかがでしょうか。
体力に自信があれば、しまなみ海道をサイクリングする手もありますよ。
とにかく松山は、魅力的な街でした。
カンツォーネ
2018/05/06 21:49
オパールさん、我が夫婦は平均年齢71歳ですから、顔をお見せできるようなものではありません。
今回の旅行、しまなみ海道以外あまり移動せず、松山・道後に4日間いました。
すっかり気に入ってしまいましたが、長男が戻ってくる前にもう一度行きたいと思っています。
できれば永住したいくらいの気持ちです。(マジで)

花の写真も見ていただき、ありがとうございます。
田舎に住んでいるので、車で少し動けば見所がいっぱいあります。
手抜きして、写真だけアップさせていただきました。
カンツォーネ
2018/05/06 22:00
こんばんは〜!!
カンツォーネさんの念願の しまなみ海道〜愛媛の旅行(カンツォーネ家探訪の旅)を奥様やご子息方と無事お幸せな旅ができ、本当に良かったですね。
松山市内でも、いろんな見所を巡られ楽しまれたんですね!!
私が行ったのは、ツアー旅だったので見る所も限られていてあまり見ていません。
でも、松山城や道後温泉には感動でした。
こちらでゆっくり色々な所楽しませて頂き有難う様!!
皆さんへのReコメントで
「松山に永住したいとさえ思われた」とありますが
実は私も2日間だけの松山市ながら
「こんな街に住みたいね」と妹と語り合ったんですょ^^
なんというか、穏やかでゆったりした空気が漂う街でしたね。
うちの長男は、ゆったり過ぎる〜と言ってましたが、、、。

URL
2018/05/07 22:01
麦さん、こんにちは。
長い旅行記を読んでいただいて、ありがとうございました。
なかなか家族で旅行が出来ないので、良かったです。
長男の嫁と孫たちが一緒だったら、もっと楽しかったでしょうが。
松山は見所がいっぱいありますね。
また是非行って、四国の他の県もまわってみたいです。

そう、本当に松山に永住したいくらいです。
温暖で、海の幸山の幸に恵まれ、人も温かいです。
カンツォーネ
2018/05/08 13:37
お久しぶりです。お元気にお二人での河野家ルーツの旅を息子さんたちもご一緒に素晴らしいご旅行でしたね。中々出来ることではないので、羨ましく思いました。何事も元気なうちに実行のみですね。お会いした時に又お話を伺わせてください。
横浜の織姫
2018/05/12 16:44
横浜の織姫さん、コメントありがとうございました。
ずっと以前から、愛媛を訪れたいと思っていたのですが、やっと願いがかないました。
しまなみ海道が出来たお陰で、大三島などにも気軽に行け、とても便利になりました。
おっしゃる通り、元気なうちに何事も実行していかなければ、出来なくなってしまいますね。
カンツォーネ
2018/05/13 21:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
松山・道後の旅 4 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる