カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 松山・道後の旅

<<   作成日時 : 2018/04/22 21:55   >>

トラックバック 0 / コメント 10

長男が単身赴任中の愛媛県を、次男夫婦を伴って訪れました。
今回の旅は、カンツォーネ家のルーツを探る目的もあります。

↓の写真は、もちろん道後温泉本館です。

画像


初日は、私たち夫婦だけの行動です。
私の住む佐倉と近い成田空港から、ジェットスターで松山空港へ飛びます。
天気も良く、雪を冠った日本アルプスがよく見えました。

画像


松山到着後、市電に乗り、真っ先に向かったのは道後公園。
ここは南北朝期から戦国期まで250年間にわたり、伊予の名族である河野氏が居城としていた湯築城の跡で、城は現在残っていませんが、日本の名城100選に入っています。

画像


新緑がとても美しく、観光客のみならず地元の人たちも大勢憩っていました。

画像


展望台からは、遠くに松山城も望めます。(写真中央山の上)

画像


公園内には、日本最古の湯釜があります。

画像


↓の説明文をご参照ください。

画像


湯築城の資料館です。

画像


中に入るとすぐに、「どちらから来られましたか?」と声をかけられました。
「千葉からです、私も河野です」と答えると、「いまビデオを放映しているので、ご覧になってください」と案内されました。
20分くらいの湯築城と河野氏の盛衰ビデオを見終わると、先ほど声をかけられた男性(館長さん?)が来て、「こちらへ来てください」と別室に案内され、アンケート用紙のようなものに、姓名・住所・家紋・家系図の有無・その他を書かされ、いろいろと話をしました。

私のステージネームは河野尚幸ですが、姓だけは本名を使っています。
そして我が家の家紋は、伊予の河野氏と同じ「折敷に三文字」です。
ということは、カンツォーネ家のルーツは伊予の河野氏にあると考えてもよいのでは、と勝手に想像しています。

画像

さて、いよいよ道後温泉へ向かいます。
30分毎に時を告げる、からくり時計。
まわりは観光客でいっぱいです。

画像

停車中の坊ちゃん列車。

画像

市電の道後温泉駅。
1・2階にレトロな雰囲気のスタバがあり、別の日に私もコーヒーをここで飲みました。

さて松山が発祥の地だという鍋焼きうどん(アルミ鍋に入っています)でランチの後は、一遍上人誕生の地といわれている宝厳寺へ向かいます。
一遍さんも河野氏の出身ですが、武士をやめ出家しています。

一遍上人については、過去記事をご参照ください。ここです。

画像

ここから長い坂を登りきると、お寺があります。

画像

腰痛持ちの妻には、きつかったようです。

画像

一遍上人誕生地跡の碑

画像

説明文

画像

本堂です。
何年か前に焼失し建て替えられたそうなので、ちょっときれいすぎますが。

画像

一遍さんに関する資料館もあります。

画像

一遍上人像。
面長なところは、私に似ているかな?(笑)

松山に到着後、ここまででかなり歩いて疲れたので、いよいよ温泉に入ります。

画像

道後温泉本館。

画像

平日だったので3階の個室に入れ、ゆっくり出来ました。
湯上りには、お茶と坊ちゃん団子がサービスで一本ずつ。

画像

窓を閉めると、花火の模様になっていました。
それにしても、さすが日本最古の道後温泉、ぬるめの湯なのにとても温まり、疲れがとれました。

画像

皇室専用だった部屋や湯船、坊ちゃんの間なども見学しました。
坊ちゃんの間で撮影。

画像

退館した後は、まだ明るいけれど隣にある道後麦酒館へ。
ここは水口酒造の直営店です。

画像画像





















道後ビールは、坊ちゃん・マドンナ・漱石・のぼさんの4種類がありましたが、せっかくなので夫婦で全種類飲みました。
喉は潤せましたが、味は好みのタイプではなかったな〜。
↑の写真は、漱石ビールとのぼさんビールかな?

画像

ビールにピッタリの鳥の皮焼き。

初日から盛だくさんのスケジュールでしたが、これですべて終了。
市電で松山駅前まで戻り、ホテルへチェックイン。
近くの居酒屋で、愛媛の地酒を飲みながら食事をしました。

いよいよ明日は、息子たちと合流です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
カンツォーネさん、こんばんは。
伊予松山は道後温泉への旅、温暖な地で、歴史もあり素敵ですね。
本当に河野氏の末裔かも知れませんね。
松山城は知っていましたが、湯築城の名前は知りませんでした。
妹の夫が松山市出身なので、今度会ったとき話題にしてみたいと思います。
りりい
2018/04/23 21:13
りりいさん、コメントありがとうございます。
以前から、河野氏ゆかりの松山や大三島を訪れたいと思っていたのですが、長男が伊予に単身赴任したので、きっかけを作ってくれました。
松山城は江戸時代に築かれた城なので、割りと新しいですが、湯築城は南北朝期から戦国期までの250年間ですから、歴史ある城でした。
今は道後公園となっていて、市電の道後温泉駅の一つ手前の駅にあります。
私が河野氏の末裔かどうかは調べる術もなく、勝手に思っているだけですが、家紋も同じなので、考えているだけでも楽しいです。
カンツォーネ
2018/04/23 22:31
カンツォーネさん 今日は〜!!

この季節の良き時季に、ご長男さん在住の愛媛に旅されたんですね!!
飛行機からの日本アルプスはこんな風にみえるんですね。
すごーく雄大でびっくりですー!!
カンツォーネ家のルーツはロマンたっぷり、、一気に拝読させて頂きました^^
館長さん?から別室に通されてのやりとり、、
湯築城の殿様の子孫説がいよいよリアルですね〜(^^♪

松山城初め市内のからくり時計等々懐かしいな〜
長男が松山在住の折りに行ってから、もう6年も経ちました。
道後温泉本館から歩30分程の所に長男は住んでました。
ツアーだったので、あまりいろんな所は見られなかったけれど
カンツォーネさんのこちらの記事で歴史深い松山に
また行ってみたくなりました^^
次の記事では
息子さん達とのより楽しい旅の様子が、、、
楽しみにしてますね!!
PCメールしました。

URL
2018/04/24 11:42
漱石の時代をすぐ思い浮かべましたが、私の中のイメージとは大変変わっていて驚きました。何十年前の世界とは変わっていて当然なのですが…本で読んだ印象が強烈なのでしょうね?
同時代に、私の叔父(父の末弟)が、大学卒業してやはりその近くの中学校へ赴任しています。昔は、其の頃は、意外とそんな風だったのですね。岡山まで、何年か前に行ったのですが、道後まで足を延ばせませんでした。今も、坊ちゃんの湯が残ってるそうですね。
今のこのページを見たら吃驚することでしょうね。昭和の初めに、県立中学校発足のために呼び戻されています。優しい叔父でかわいがって貰いました。生きていたら、百何二十歳くらいでしょうか?
ご子息とのご対面、楽しみですね。私も楽しみにしています。、
S子
2018/04/24 18:33
麦さん、こんばんは。
松山へは成田からジェットスターで、料金も7〜8千円と格安で行けます。
初日は天気も良く、アルプスがきれいに見えました。

翌日も朝から強行軍でしたが、ぎりぎり天気ももってくれ、観光&カンツォーネ家のルーツ探索が出来ました。
道後に4日間もいたので、もう道後温泉のボランティアガイドも出来そうです。(笑)
翌日も、いろいろとハプニングがありました。
カンツォーネ
2018/04/24 21:33
S子さん、こんばんは。
松山は現在、全国でも屈指の人気ある観光地のようですよ。
道後温泉、夏目漱石、正岡子規、松山城、湯築城跡、坊ちゃん列車、見所がいっぱいの歴史ある町です。
でも漱石の坊ちゃんの時代とは、まったく違っているのは仕方ないですね。

翌日は、瀬戸内海の島々も巡りました。
次回も是非ご覧くださいね。
カンツォーネ
2018/04/24 21:44
こんばんは
”カンツォーネ家のルーツ”を探る目的のご旅行だったそうで、カッコいいですよね。素晴らしい御家柄なのですね。尊敬申し上げます。
さて、懐かしい道後温泉本館息子が松山市の愛光学園に在学していた頃、親子3人で、久しぶりに過ごした思い出深い温泉なのです。観光は出来なかったので、カンツォーネさんのブログを拝見させてもらって、楽しめました。愛媛は朗らかでさっぱりしている人が多いと聞きます。ご長男さん、次男さんご夫婦と会われるそうで、更に楽しみですね。ご家族でまったり美味しいお酒を飲んでご馳走を頂かれ、楽しい会話が弾みます。親子ってやっぱりいいですね。愛媛には太陽の光と瀬戸内の海風いっぱいに浴びた名産のみかんやご当地名産がいっぱいですね。お土産は何買われたのかしら?
オパール
2018/04/25 21:00
こんにちは(*'-'*)ノ*:..。o*

いい気候の時に 松山へ おいでましたなもし!?
(これで 合ってるか なもし?)
私も 松山は学生時代を過ごした所なので
懐かしく拝見しました(・・*)。。oO(想像)

ご長男さんが 単身赴任中との事なので
機会を作っては 又行かれたら
いいです✿(◡‿◡*)❤ねぇ

 ☝ 拝見すると・・・・・
オパールさんも 松山とは❢ご縁があった様で
今迄 知らないで居たのに❕❕ オパールさんも
身近に感じました \(◎o◎)/

♪のこ♪
2018/04/26 13:59
オパールさん、カンツォーネ家のルーツについては、勝手に私が思いこんでいるだけなので、正確ではありません、
もしそうだとしても、関東の河野氏は7〜8百年前に伊予とは別れたのだと思います。
オパールさんの息子さんは、愛媛で学んでいらしたのですね。
もしかして、東京の奥沢にいらした方かな?

愛媛の人は、息子も言ってましたが、おおらかな人が多いようですね。
明るい海と太陽のせいでしょうか、、私も滞在している間にそのように感じました。
長男は早く関東に戻りたいようですが、私はもうしばらく愛媛にいてほしいな、と思いました。(孫が可哀そうかな?)
お土産もいろいろ買いましたが、一番は道後温泉のタオルと石鹸のセットかな〜。
カンツォーネ
2018/04/26 21:28
♪のこ♪ さん、コメントありがとうございました。お久しぶりです。
学生時代を松山で過ごされたのですか、私は初めて行きましたが、とても素敵な場所だと思いました。
歴史ある町で、文学にも縁が深く、日本最古の温泉もあり、海の幸や山の幸にも恵まれていますね。
おっしゃる通り、長男がいる間にまた行きたいところです。
成田からジェットスターで、格安で行けますし。
カンツォーネ
2018/04/26 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
松山・道後の旅 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる