カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 信念を貫いた蒼国来

<<   作成日時 : 2017/01/24 22:28   >>

トラックバック 0 / コメント 12

大相撲初場所は稀勢の里が優勝し、19年ぶりに日本人横綱が誕生するので日本中が沸いています。
出身地の茨城県牛久市は、県は違いますが、私のところからもそれほど遠くないので、親近感もあります。
ぜひ立派な横綱になってもらいたいと思います。

ところで私がこの初場所でとてもうれしかったのは、前頭10枚目の蒼国来が12勝を挙げ、初めて技能賞を獲得したことです。
実はこの蒼国来を、私はずっと応援していたのです。

画像


彼は中国内モンゴル自治区の出身で、国籍は中国です。
なれない日本で努力し、幕内へ昇進していましたが、2011年に大相撲の八百長問題が発生した時、それに関与したとされ、引退勧告を受けました。
しかし彼は潔白を主張し勧告を拒否したため、相撲協会から解雇されました。

彼は潔白を証明するため裁判を起こし、退職金の受け取りも拒否していました。
そして約2年後、ついに裁判で解雇無効を勝ち取り、幕内力士として復帰しました。

しかし2年間のブランクはスポーツ選手にとっては大きなマイナスであり、また怪我などもあり、十両と幕内を往復していましたが、最近は幕内に定着するようになっていました。
そして今回の大活躍と、技能賞受賞に至ったわけです。

私は蒼国来が相撲協会へ復帰した時から、ずっと追っかけて応援していました。
解雇されていた2年間は、自分でトレーニングをして体力を保持していたようですが、師匠の荒汐親方は協会からの圧力に屈せず、蒼国来を部屋に寝泊まりさせていたそうです。

彼は33歳なので、力士としてもう若くありません。
次の場所は前頭筆頭になるのが確実で、上位陣とも対戦するようになるので、また試練が待ち受けています。
でも頑張って勝ち越せば、三役昇進が現実のものになります。

派手なパフォーマンスはありませんが、正統派の好感のもてる取り口の力士です。
逆境の中で自分の正義を貫き、見事に復帰した蒼国来を、これからも応援していきたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
稀勢の里は茨城出身なので今回横綱になって故郷が茨城県の私はとっても嬉しいです♪
蒼国来関のことそんな事があったなんて知りませんでした。
荒汐親方も圧力に屈せず信念を貫いて良かったし、蒼国来関も色んな逆境にもめげず良く頑張りましたですね。これからも上を目指して頑張って頂きたいです(*^_^*)
ひまわり
2017/01/25 18:52
ひまわりさん、こんばんは。
そうそう、ひまわりさんは茨城県の出身でしたね。
私も隣の県で近いし、喜ばしいと思っています。

蒼国来は解雇されていた2年間、とてもつらかったと思います。
でも復帰を信じて体力維持にも勤めていたので、この初場所の結果につながったのだと思います。
ずっ〜と応援していた甲斐がありました。
カンツォーネ
2017/01/25 21:16
日本出身力士横綱に沸いているこの国で、頑張っている外国出身の力士応援お話に、心を打たれました。新横綱に応援するのは日本人なら当然のことですけれど、異国からきてずいぶんつらい思いをしたのは、修行ばかりではなかったのですね。
私は。角界の事には疎いのですが、今回綱取りのことばかりは心を動かして見守っていました。手前びいきの私になりがちでしたが、反省しています。
無恥な私は、蒼国来という名前さえ知りませんでした。外国一人旅などましてや働きに出かけることなど考えても恐ろしい私。それを思えばよく自己主張して頑張りましたと思います。これからは、心にとめて見守り応援したいと思いました。
余りにも、日本生まれの力士の活躍がすくなかったせいでしょうか?
S子
2017/01/26 14:45
蒼国来にそのような事件があったことは知りませんでした。
当時、相撲界には賭博の問題も出て、私の住む市の隣、岡崎市出身の琴光喜が退職したことは、よく覚えています。
つらい思いをしながらも、真実一路でがんばてこられたんですね。
別件ですが、今呼んでいる本(司馬遼太郎著 「胡蝶の夢」)に、佐倉の順天堂のことが書かれています。
まだ4巻中の第1巻で、もうすぐ舞台が佐倉に入るところなのですが、1日に数ページしか読んでいないので、しばらくかかりそうです。
幕末期のことですが、おもしろいです。
りりい
2017/01/26 16:52
S子さん、この初場所は何といっても稀勢の里の横綱昇進が目玉ですから、蒼国来の活躍は目立ちませんでしたが、ずっと応援していた私には、とてもうれしいことでした。
異国で解雇され、収入も閉ざされ、途方に暮れていたと思いますが、親方が彼を信じて応援してくれたから、今があるのだと思います。
年齢的にはピークを過ぎているので、どこまで行けるかわかりませんが、心行くまで相撲をとり続けてもらいたいと思っています。
カンツォーネ
2017/01/26 21:55
りりいさん、相撲を見ている人でも、蒼国来の名を知っている人は少ないと思います。
それにしても逆境の中で、よく頑張り抜いたと思います。

佐倉の順天堂は記念館の見学もできますが、その隣で現在も子孫の方が医院を開業しています。
佐藤泰然は藩主の招きで佐倉へ来て、順天堂を開きました。
女子美大を作った佐藤志津はその養子です。
津田塾を作った津田梅子は、佐倉藩士の娘でした。
明治の初期、佐倉の女性は活躍してたのですね〜。
そういえば「胡蝶の夢」のことは知っていましたが、まだ読んでいませんでした。
恥ずかしい、さっそく読まなければ。
カンツォーネ
2017/01/26 22:33
こんにちは。
蒼国来関、そのような経緯があったのですね。私は全然知りませんでした。

彼の努力も報われたし、親方の愛情も素晴らしいことです!♪
これからも上を目指して頑張っていただきたいです。

我が家もここ4〜5年、相撲中継に熱中し、TVの前でワーワー言ってます(笑)
私のお気に入りは「嘉風」なんですよ。
もちろん、蒼国来関も応援して行きたいと思ってます!
ハーモニー
2017/01/29 12:25
相撲中継は良く見てます。
蒼国好きですよ、実弟の若い頃に似てるのよ。
相撲賭博の話は知ってます、彼であったのは忘れてる。
体は大きくないけれど精悍ですよね。
通人気になるタイプかも?
歳とともに相撲好きになったの。
さくらんぼ 
2017/01/30 12:50
ハーモニーさん、こんばんは。
私は3年前、蒼国来が勝訴したときから応援していました。
異国の地で解雇され、途方に暮れたと思いますが、親方のバックアップもあって見事に復帰しました。
年齢的に大関や横綱は望めないと思いますが、体力の続く限り幕内で頑張ってほしいと思います。

ハーモニー家は、相撲がお好きなんですね。
嘉風と蒼国来、頑張れ!
カンツォーネ
2017/01/31 21:13
さくらんぼさん、こんばんは。
え〜、蒼国来が弟さんに似ているのですか。
八百長事件で裁判で勝ったのは、彼だけでした。
おとなしそうな顔をしていますけど、芯は強いのでしょうね。
派手さはないけれど、好感のもてる正統派の力士ですね。
カンツォーネ
2017/01/31 21:20
こんにちは
我が家は夕食の時間が丁度、相撲の時間でして・・・初場所はしっかり拝見しておりました。蒼国来さんは今回、大活躍されたのですね。うっかりしておりました。カンツォーネさんから、今までのご苦労のお話を教えて頂いて、感動しましあ。実は私はあまり相撲には興味がないのですが、力士では”千代の富士””貴乃花”が好きですね。春場所はカンツォーネさんが応援されている蒼国来さんを私も応援したいと思います。なかなかの男前さんですね〜
ところで相撲の世界でも八百長ってあるのですね・・・悲しいですね。
オパール
2017/02/01 15:24
オパールさん、こんばんは。
蒼国来は幕内下位だったので、4時半くらいの取り組みでした。
ですから、オパール家の夕食には早すぎたと思います。
春場所からは上位になるので、お目に止まるかもしれませんね。
でも年齢的にあまり成長は望めないので、勝ち越すのは難しいかもしれません。
あまり熱心に応援しないほうが、がっかりせずにすむと思いますよ。

そうそう、蒼国来は小柄ですがバランスのとれた体で、好感のもてる関取です。
外国人力士にしては、日本人よりもきれいな相撲をとります。
カンツォーネ
2017/02/01 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
信念を貫いた蒼国来 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる