カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 奨学生コレクション展&新宿御苑

<<   作成日時 : 2016/11/25 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像

新宿御苑は、抜けるような青空でした。

画像

先日、千駄ヶ谷駅近くにある佐藤美術館で開催されている、「奨学生コレクション展」を観に行きました。
これは佐藤国際文化育英財団の奨学生に選ばれた作家たちの作品を、25周年を記念して公開しています。

画像

平成9年度の奨学生に選ばれ、ミステリー作家の島田荘司さんのお気に入りでもある具象画家、石塚桜子さんのことは、何回も記事にしているので、詳細は省かせていただきます。
過去記事を是非ご参照ください。 (ここです)
彼女のサイトは、こちらです。

今回の彼女の出展作品は「母のポートレート」ですが、このお母様は私と大学同期生です。
ただ、今は体調を悪くし同窓会へも出席されていないので、私もしばらくお会いしていません。
学生時代は、おとなしい控えめな人でしたが、お嬢様を世に出すために並大抵でない努力をされたようです。
桜子さんの作品には、母への深い愛情が込められているように感じられました。

この展覧会は、12月18日まで開催しています。

さて佐藤美術館は、新宿御苑に隣接しています。
今の時季、寄らない手はありません。

画像

天気も最高!

画像

紅葉は、木によって差がありますが、見ごろになっています。

画像

グラデーションが美しい!

画像


銀杏の落ち葉の上を、子供が走りまわっていました。

画像


コブクザクラ(子福桜)という晩秋に咲く花がきれいでした。

画像


御苑には千駄ヶ谷門から入りましたが、出るときは新宿門へまわりました。

画像

大銀杏の木が、見事でした。

快晴で暖かい、快適な一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
そちらの寒さ、如何ですか?11月で積雪とは!
こちら岐阜ではたまに降る時がありますが。。

石塚桜子さんの母上はカンツォーネさんと同期の方なんですね。
お嬢さまを世に出すまでのご苦労、本当に並大抵では無いですね。
娘さんへの愛情をひしひし感じます。そして、母を思う桜子さんの姿、素晴らしいですね。
母上はお体を壊されているのですね。1日も早い回復を願いたいですね。

紅葉、黄葉見事ですね。
グラデーションも素敵です♪
お天気も良くて、良かったですね。
これからが冬本番!嫌ですね〜。お正月も直ぐそこですし、何かと気忙しくなります。この年齢になると大掃除など、どうでもよくなって来ます〜(笑)
ハーモニー
2016/11/26 16:28
ハーモニーさん、こんばんは。
千葉でも11月に積雪とは、びっくりでした。
一気に真冬になった感じです。

石塚桜子さんの絵は、爽やかできれいな絵とはまったく違います。
でも強烈に訴えるものがあるので、作家の島田荘司さんは本の表紙や挿絵に好んで使っています。
母上は、本当に桜子さんのためにご苦労されていました。
早く病気を克服されることを祈っています。

美術館が新宿御苑に隣接しているので、躊躇なく寄って見ました。
平日なのに、結構人出が多かったですよ。
もう師走も間近ですね。
我が家の大掃除は、毎年手抜きです。
カンツォーネ
2016/11/26 22:16
新宿御苑の紅葉、黄葉がすばらしいですね。
都心には、けっこう多くの庭園や公園があって、遠くに行かなくても秋の風情を楽しめていいですね。
(美術館や博物館もたくさんありますし、うらやましいです)
芸術家を育てるのは、私のような素人というか、凡人には分かりませんが、知り合いもお嬢さんがピアニストになられて、母は自分のことにはかまわずに、いつも子ども優先で生きてきたと言っていました。
りりい
2016/11/27 11:56
りりいさん、こんばんは。
そう、都心には大きな公園があり、四季折々の風景を楽しむことが出来ますね。
でもその分、訪れる人も多いので、私は田舎が好きです。

芸術家が世に出るには、才能だけでなく運も大きな要素になるのだと思いますが、親としてはそのチャンスをできるだけ多くしようと考えるのでしょうね。
自分を犠牲にしてまで子供を優先にする、という気持ちはわかりますが、男親よりも女親の方が、よりその気持ちが強いのだと思います。
カンツォーネ
2016/11/28 21:13
こんにちは
おみごとですね。カンツォーネさんの写真の腕前が素晴らしいのでしょう。新宿御苑の美しい紅葉の景色に見惚れております。”石塚桜子さん”の過去記事を拝見しました。ミステリー作家に気に入られるほど、圧倒される絵画に驚きです。ご両親の見えない力もあるのでしょうか。大学の同期生の方々は素晴らしい方が多いですね。もちろんカンツォーネさんもです。ところで”銀なん”デパートで買って茶碗蒸しにしたり、お酒の肴頂いておりますが、みごとなイチョウの木の下に落ちていましたかぁ〜
オパール
2016/11/29 15:46
オパールさん、おはようございます。
小旅行へ行っていたので、返メールが遅くなりすみません。
写真の腕はともかくとして、新宿御苑ではまさに晩秋らしい美しい景色が広がっていました。
石塚桜子さんのお母様は、娘さんを連れて島田荘司先生のお宅へアポなしで伺ったそうです。(あのおとなしい彼女が、すごい度胸!)
先生は絵を一目見て気に入られ、それがきっかけで本の装丁や挿絵に使われるようになったそうです。
でも自宅の居間に飾る絵ではないですね。

ギンナンは、美味しいですよね。
御苑のギンナン、私は気がつきませんでした。
すでにみんなが拾ってしまったのかも知れませんね。
カンツォーネ
2016/12/01 09:27
新宿御苑。青春の思い出の地でもあります。
と言っても、行ったのはたったの二回だけ。それも駅南口からでした。
一度目は、戦後間もないころの夏。イチョウ並木が印象的でした。
その思い出をたどって、行ったのはそれから何十年も経った秋。
御苑の面影は特に銀杏並木など記憶の中にあるままでしたが、周囲が変わっていて驚きました。まさにおのぼりさんそのもの。
今は新宿駅も変わりもう一人では方向音痴、迷子にになりそうです。
ジュースかなんか飲んだ喫茶店も見当たらず、その後ネットで探したのですが・・・その頃新宿に若者が集まる音楽喫茶ジュラクなどもあったような・・・昔々のお話です。懐かしい思い出の中にしまっておくことにしました。
S子
2016/12/04 13:23
S子さん、新宿の街は昔と比べると、まったく違っているのでしょうね。
でも御苑の中は、あまり変わっていないのでしょうか。

公園は、私の住んでいる近隣にもいろいろありますが、御苑のような大きな公園はなかなかありません。
結構歩き出でもあって、よいウォーキングになりました。
カンツォーネ
2016/12/06 13:54
こんばんは。
御苑の紅葉は11月に行きたかったんですが、今月2日に行って来ました。
御苑は私のパワースポットで元気が出ます。

素敵な一日でしたね。
さくら
2016/12/06 21:34
いま、さくらさんのブログにお邪魔していたのですが、こちらにコメントいただいていたのですね。
私が行った時は銀杏が見ごろでしたが、カエデはまだ少し早かったようです。
御苑は木が多いので、いっぱい楽しめますね〜。
カンツォーネ
2016/12/06 21:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奨学生コレクション展&新宿御苑 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる