カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐倉時代まつり

<<   作成日時 : 2016/11/14 14:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6

12日の土曜日、佐倉時代まつりが開催されました。

画像

このお祭りは毎年開催されていますが、私が見物するのは初めてです。
友人が遠くから観に来てくれたので、案内役を務めました。

画像

城下町の商店街を、資料に基づいてイメージで再現しています。
瓦版売りが、パンフレットを配っていました。

画像

冷や水売り。(年寄りの冷や水の語源だそうです)
昔は水を売って歩く人もいたのですね。

画像

甘酒屋さんに、木綿売り。

屋台村で売っている人たちも、ちょん髷のかつらを被ったり、忍者の恰好をしたりと、飽きさせません。

画像

日光江戸村から、ニャンまげも駆けつけてくれたようです。

画像

あちこちで大道芸も見られます。
ガマの油売り、南京玉すだれ、落語、etc.

江戸時代衣装行列もあったのですが、タイミングが合わず見逃しました。

画像

この日は佐倉市のキャラクター カムロちゃんの400歳の誕生日(男女不明の妖かしなのです)とのことで、房総のむらの ぼうじろーからプレゼントが渡されました。

画像

その他、千葉県のチーバくん、成田のうなりくんなどが、お祝いに駆けつけてくれました。

画像画像





















さて会場を後にし、武家屋敷通りを見学しながら、サムライの古径(こみち)ひよどりさかを通って佐倉城址まで歩きます。(いつも行くところなので、武家屋敷や城址の写真は撮り忘れました)
ひよどりさかは、江戸時代に武士たちが登城するとき使っていたそうで、昔も今もほとんど変わっていないとのことです。(昼でも暗くて、女性一人ではこわいかも)

そて日没の時間には、佐倉サンセットヒルズへ向かいました。

画像

ほとんど雲もなく、夕日を眺めるには絶好の日和でした。

画像

撮影している間に、どんどん陽が落ちて行きます。
秋の日はつるべ落とし、とはよく言ったものです。

画像

日が沈むと、富士山がくっきりと見えてきました。
でもちょうど真ん中に鉄塔があり、ちょっと残念でした。

そうだ、この後もう少しここに残っていたら、ブルーモーメントにも出会えたのに、うっかりしていました。

この後は、佐倉のカラオケチャンピオンたちとカラオケ喫茶(居酒屋)で待ち合わせ。
とても楽しい一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
まぁ〜!”佐倉時代まつり”のポスターの小町だんご娘さん、ググーーっと魅かれちゃいました。男性ならこの大きなおめめにゾッコンでしょうね。城下町を再現されるなんて、すごいですね。役者さんでしょうか?なかなかのイケメン揃いで・・・私もカンツォーネさんのブログで十分楽しませて頂きましたよ。この日は小春日和だったのですね。カンツォーネさんのカメラの腕前が素晴らしいので、夕日の風景の写真思わず、手を合わしました。ほんとうに美しいです。感激致しました。
オパール
2016/11/15 13:05
オパールさん、こんばんは。
時代まつりのポスターは、高橋真琴さんが描いたものです。(大阪市出身)
真琴先生は、佐倉市内にお住まいです。
ほかにも当地には、モンキーパンチさんや車だん吉さんなどがお住まいです。
イケメンの商人たちは、アルバイトの人たちなのかな〜?

夕日の場所は、佐倉サンセットヒルズという名前の通り、絶好の観賞場所です。
大勢の人たちが、丘の上に集まっていました。
カメラの腕前をおほめいただきうれしいですが、素材が良かったのですね。
暖かくてコートも必要ない、快適な一日でした。
カンツォーネ
2016/11/15 21:02
こんばんは。
佐倉時代祭、楽しそうですね。
その時代を再現して行われたのですね。
冷や水売り=「年寄りの冷や水」の語源でしたか。
カムロちゃん、400歳とは!ご長寿なんですね〜(笑)
綺麗な夕焼けもご覧になれ、良かったです〜☆
ハーモニー
2016/11/16 18:16
ハーモニーさん、こんばんは。
江戸時代をイメージで再現しています。
江戸時代衣装行列が見られれば良かったのですが、時間が合いませんでした。

先月行われた秋まつりと比べればマイナーな行事ですが、お遊びと考えれば結構楽しいものでした。
カムロちゃんは妖怪なので、年をとらないようです。(笑)
カンツォーネ
2016/11/16 21:20
かわいい愛嬌のある佐倉時代まつり。
その場にいたら、本当に楽しめそうですね。
ブログで、その雰囲気が伝わってきました。
いろいろな屋台や売り子さんたち、本当にイケメン揃いですね。
役者の卵たち?ポーズも決まってる。
この時期は、各地で趣向を凝らしたお祭りがあっていいですね。
やはり中心は江戸時代でしょうか?
ほかの方のブログでも、・・・祭りというと、江戸時代が多いような気がします。(京都は別ですが?)
りりい
2016/11/17 07:46
りりいさん、こんばんは。
この時代まつりは神社の祭礼とは違い、お遊びいっぱいのイベントです。
私の友人も忍者の手裏剣投げに挑戦して、賞品をゲットしていました。
お殿様、お姫様、侍、町人などの衣装を着ての行列もあったのですが、時間があわず見られませんでした。
佐倉が栄えたのは400年前からですから、やはり江戸時代が中心ですね。
特に幕末は、関東での西洋医学の中心地でした。
カンツォーネ
2016/11/17 22:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐倉時代まつり カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる