カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 同期生の個展へ

<<   作成日時 : 2016/10/29 21:20   >>

トラックバック 0 / コメント 6

私の小中学校同期生で、現代工芸美術家協会本会員の染色家 猪熊真智子さんの個展が、表参道のギャラリーで開催されています。
彼女は、毎年東京都美術館で開催する日本現代工芸美術展に出品していますが、2〜3年ごとに個展も開催しています。 (前回の個展の記事はここです。ぜひすばらしい作品群を見てください。)

今回の作品を、数点アップさせていただきました。
写真では、作品の色を忠実に再現することができません。
ストロボを点くと明るすぎるし、点かないと暗いしで、猪熊さんごめんなさい。
 (今回は、すべてストロボなしの写真をアップしました)

画像

2015年 日本現代工芸美術展 出品作品 「月冴え」。
 
画像

布がロール状になっているため、美術展では見られなかった裏側です。 (ちょっとピンボケ)

画像

同じく、2016年の出品作品 「時を超えて」。

画像

タイトルはメモしませんでした。
人物はご自身だそうですが、実際はもっと優しいお顔です。

画像

左はロンドン、右はモロッコの街並み。

画像

作品の前で、快く撮影に応じてくれました。

画像

こんなに大きな作品だ、ということが分かりますね。

画像

この個展は31日(月)まで、地下鉄 表参道駅 近くの「Galeria M」(03-3409-2622 渋谷区神宮前5-1-14)で開催されています。
最終日は早く終了するので、行かれる方はご確認ください。

さて、この日の午後は、ここから徒歩5分もかからないところで大学の集まりがありました。
その模様は、次回にアップします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜!!

一番目の作品、かなりの大作なんですね!!
繊細な色のグラデーションの重なりなど、
どのように染めるんでしょうかしらね。

染色は全く無知なものでして、
ただただ素晴らしいなぁ〜と感心して拝見です。

写真ですと、実物のような色がでず、
ちょっとはがゆいかもですね。

URL
2016/10/30 21:37
こんばんは。
ご友人の染色展、今回も行かれましたか。
メルヘンチックな作品!♪素敵ですね☆
私も染色は無知なので分かりませんが、工程は難しいのでしょうね。。
ハーモニー
2016/10/31 19:27
麦さん、こんばんは。
私も、ただ素晴らしいな〜、見ていますが、工程はあまり分かりません。
というよりも、以前聞いたのでしょうが、忘れてしまったのかも。

実際の作品の色は、もっと素敵です。
絵葉書にもなっていますが、やはり微妙に違っています。
カンツォーネ
2016/10/31 21:28
ハーモニーさん、こんばんは。
詳しい工程はよくわかりませんが、構想にかなりの時間をかけて、製作を始めてからは意外と速いようです。(それでも3か月くらい?)
素敵な作品が、いっぱいでした。
カンツォーネ
2016/10/31 21:35
人の背の高さより長いので、高さが2mぐらいあるタペストリーなんですね。
「街」というテーマで、ここまでイメージをされるとは、さすがアーティストなんだと感心しました。発想が違いますね。
染色と一言にいっても、糸を先染めして織物にする場合と、布に模様を染める(絵を描くように染める)友禅染のような方法があるそうです。(知人に聞いた話ですが)
1番上の作品も好きだし、ロンドンとモロッコの街が左右に映し出されている作品も興味深く拝見させていただきました。
りりい
2016/11/01 19:35
りりいさん、こんばんは。
猪熊さんの作品は何回も紹介していますが、以前は「月」がテーマで、昨年から「街」をテーマにしたようです。
作り方について、私は知識がありませんが、糸の先染めではありません。
美術展の出品作品は、大きいですよ。
最初の作品は大きすぎて展示が出来ず、都美術館では裏側が見られませんでした。
でも裏側の写真撮影に、私が失敗してしまいました。
カンツォーネ
2016/11/01 20:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
同期生の個展へ カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる