カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月の三水会

<<   作成日時 : 2016/08/22 10:53   >>

トラックバック 0 / コメント 14

画像

時宗総本山遊行寺(藤澤山無量光院清浄光寺)の惣門です。

画像

毎月第三水曜日開催の三水会、今月は東海道線藤沢駅での待ち合わせでした。
ちょうどお盆の時季なので、帰省している人も多く、今回は6名の参加です。

最初の目的地までは駅から15分くらい、暑い中を歩いて行きます。

画像

遊行寺は1325年の創建ですが、戦火や火災によりたびたび焼失し、藤沢に再興されたのは、1607年です。
そして1631年に、江戸幕府から時宗総本山として認められています。

と書いてきても、皆さんにはあまり興味がわかないと思います。
しかし私にとっては、かなり縁が深いお寺なのかも知れません。

画像

この家紋は、私の家の紋と同じです。

画像

このお方は、時宗の宗祖一遍上人です。

一遍上人は伊予の豪族 河野氏の出身で、俗名を河野通尚といいました。
次男であった通尚は、子供のころから武家を離れ仏門に入っています。

もうお分かりの方もいらっしゃると思いますが、私のステージネームは河野尚幸で、姓は本名を使っています。
尚の字は、偶然ですが一遍さんと共通しています。

そして家紋も同じということは、もしかしたら私と一遍上人とは、すご〜く遠いかもしれないけれど共通するDNAがあるのかもしれません。

画像

1937年に再建された本堂。

画像

鐘楼。

画像

寺務所。
ここで一遍聖絵を購入しました。

画像

この国宝である絵巻は遊行寺にはなく、東京国立博物館が所蔵しているようです。
以前図書館で、高価なこの聖絵の本を借りて眺めたことがありましたが、とても感動しました。
中古でも7千円くらいはする高価なものは、とても私には買えないので、小さいけれど2千円の本を購入した次第です。

今回は団体行動だったので時間がなく、ゆっくり見学することができませんでした。
我が家からは遠いけれど、遊行寺には一人でまたゆっくり行きたいです。

一遍上人や伊予の河野氏については、書きたいことがいっぱいあるので、後日またブログ記事にしたいと思っています。
今回は、さわりだけにしておきます。

画像

次の目的地へ移動するためバスをまっていると、こんな看板がありました。

あっ、我が家にある伊勢型紙と同じだ!
安藤広重の「東海道五十三次 宿 戸塚」です。

興味のある方は、私の4年前の記事をご覧ください。
こちらです。

画像

反対方向は、「宿 藤澤」でした。

さてこの後、小雀公園というところへ行きましたが、省略させていただきます。
そして暑い中をかなり歩いて、最後に見学したのは、田谷の洞窟です。

画像

ここは真言宗 田谷山 定泉寺にあります。

鎌倉時代初期の開創で、洞窟は江戸時代まで適時拡張され、上下三段、総延長が1kmもあり、修験道場として使われていました。
粘板岩の巨大な一枚岩で、幾度かの大地震にも耐えたそうです。

画像

見学者は、各自手燭台を持ち、小さい蝋燭の灯りを頼りに歩いて行きます。
内部には、壁に彫った仏像等があります。
残念ながら洞窟内は撮影禁止でしたが、長時間歩いてたどり着いた私たちには、ひんやりと涼しく、快適な空間でした。

画像

外に出ると、秋を感じさせる雲が広がっていました。

画像

そしていよいよ待ちに待った懇親会です。
洞窟の近くにある天然温泉で疲れをいやし、生ビールで乾杯しました。

最高に旨かったのは、言うまでもありません。
これだから、三水会はやめられない!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
家紋まで同じでは関係ありですね。大有りですよ。
江ノ島や鎌倉行く時は遊行寺の前を通ります運伝時代です。
20年位前かな、マウンテンバイク乗ってた時、自転車で寺見学して来ました。
我楽多市やってた時でしたが買うものなかった、金なかったからかな。
田谷の洞窟あるの知ってますが行ったことありません。
此処なら遊行寺より近い自転車ツアーしてみようかな?
さくらんぼ
2016/08/22 14:05
さくらんぼさん、伊予の河野氏や一遍上人のことは、いろいろ本も読んで調べていました。
また少しずつ、報告したいと思います。

さくらんぼさんは、お近いですよね。
田谷の洞窟、とても涼しいですから、暑いうちにぜひいらしてください。
入場料400円です。
近くの温泉は740円ですが、ゆっくり出来ますよ。
カンツォーネ
2016/08/22 15:53
一遍上人と家紋が同じということは、家系を紐解いていくときっとご関係があるのでしょうね。
カンツォーネさんは高貴なお方!♪
由縁があるとしたら、ますます興味が湧きますね。
また続きをUPしてくださいませ!

わが街の花火大会も8月13日に行われましたが、何せ小さな街ですので醍醐味の無い花火大会でした。
でも見てると(ベランダからですが)、気分が高揚します。
ハーモニー
2016/08/22 20:42
ハーモニーさん、今日の関東は台風9号で大変でした。
我が家は朝から一日中雨戸を閉めたままで、外出もできませんでした。

一遍上人や河野氏については、いろいろな本を読んで勉強しています。
伊予の豪族だった河野氏が、なぜ東京へきたのか?
私の本籍があった大田区と、どういう関係があるのか?
後日記事にしたいと思います。

それとは別に、長男が単身赴任した伊予市に、しまなみ海道をドライブして遊びに行きたいです。
カンツォーネ
2016/08/22 21:04
こんにちは
「時宗総本山遊行寺」素晴らしいお寺ですね。家紋が同じだったことで驚かれたことでしょう。ご先祖様が引き寄せて下さったのでしょうか。歴史をたどれば面白い発見もたくさんあるかと思います。猛暑厳しい道中、きっと素晴らしいお徳を頂かれたと思います。私は主人と”大和十三仏ご朱印めぐり”で、3か所お参りしましたが、ぼちぼち時間を作ってお参りしたいと思っています。仲の良いお友達との会食さぞ心身とも癒されたことでしょう。 朝晩には心なしか涼しくなってきたとはいえ、日中の日差しは今だ肌に焼けつくようです。どうぞご自愛下さいませ。
オパール
2016/08/23 08:38
オパールさん、こんばんは。
時宗宗祖の一遍上人のことは、以前からいろいろ調べていたので、今回はとても楽しみにしていました。
姓と家紋が同じということは、まったくの無縁とはいえないと思いますが。

私はどちらかというと無神論者ですが、お寺でも神社でも教会でも、お参りすると心が洗われるような気がするのは、不思議なものですね。

関東は昨日の台風で大変でしたが、今日もカラッとした晴天にはならず、すごく蒸し暑い一日でした。
カンツォーネ
2016/08/23 21:18
こんばんは。
家紋が一緒ってきっと大昔血縁関係か一族の関係者とかみたいですよね。
カンツォーネさんの先祖はお公家様の出ではないですかね?
お顔立が品がおありですから。

実は私も10年以上前に家紋にはまって、実家の家紋が〇に十なんです。
轡って家紋です。
生前の父に聞いたんですが、先祖が大昔は九州にいたって聞いたことがあって
鹿児島の島津の家紋と一緒なので、ルーツを探る旅に出ましたが、
何も見つかりませんでした(笑)。
家紋の大辞典持ってますよ(笑)。
さくら
2016/08/23 23:57
さくらさん、こんにちは。
家紋も姓も同じということは、大昔は親族関係にあったのかもしれませんね。
でも一遍上人は、鎌倉時代の人ですからね〜。

さくらさんも、島津家がルーツなのかもしれませんね。
以前取引先に島津さんという方がいらっしゃいましたが、その方も○に十の字の家紋でした。
私の先祖は多分、瀬戸内海の海賊の親分だったのだと思います。
もちろん、公家などではありませんよ。
カンツォーネ
2016/08/24 14:21
こんばんは〜☆

うわ〜 一遍上人のご親族関係なのですか〜すごい血筋を引かれてるんですね。
私、歴史にはとんと疎くて良くは存じ上げないんですが
一遍上人のお名前は知ってます〜。。
そんなゆかりの時宗総本山遊行寺に行かれたのは大感激だったでしょうね。
どおりでカンツォーネさん、上品なお方だと思っておりました〜^^
ご長男さんが赴任中の伊予にぜひ共うかがわねば、ですね。

URL
2016/08/25 22:47
麦さん、返コメ遅くなってすみません。
一遍さんとは姓と家紋が同じというだけで、私が勝手に想像しているだけです。
今回の遊行寺行は、私が希望して実施してもらいました。
でも団体行動でなく、次回は一人でゆっくりと行きたいと思っています。

そんな〜、上品な方なんて言われちゃうと、田谷の洞窟にでも入りたいです。(笑)
でも伊予には、息子が赴任している間に、必ず行きたいと思っています。
カンツォーネ
2016/08/27 20:49
ご無沙汰しています。
一遍上人さんと家紋、姓が同じとは、そんないあることではないですよね。
ルーツ調べがますます楽しくなってきましたね。
妹の主人の実家が松山ですが、臨済宗です。
やはり土地が変わると、宗派もいろいろ変わりますね。
三水会の幹事さんは、いつも素敵な場所を企画してくださって、楽しそう。
カンツォーネさんが幹事さんになった時は、どこに行くのでしょう?
りりい
2016/08/28 17:30
りりいさん、こんばんは。
数年前に一遍上人が河野氏の出身と知ってから、興味を持って一遍さんや河野氏についていろいろ本を読んだりして調べています。
伊予の河野氏が、なぜ私の出身地である東京大田区に住みついたのか、についてもある程度推定できています。
また機会を見て、記事にしたいと思います。

先月の三水会は、私が幹事で千葉県稲毛を散策しました。
来年の初詣には、メンバーを成田山に引っ張って来ようと思っています。(笑)
カンツォーネ
2016/08/28 22:49
一遍上人さんと家紋、姓が同じとは、すごい事だと思います。
カンツォーネさんの出身地は大田区ですか。
そこに住んだこともあるなんて、きっと何かつながっていますね。。
急に詳しく知りたくなり、PCで探しているうちにコメント書いたのがすっかりが消えてしまっていました。(苦笑)今書き直しています。
だからカンツォーネさんの芸術家肌も…なんて思わせてくれました。
面白い故事たくさん、聞かせてもらえるのが楽しみです。ぜひお聞かせくださいね。歴史に疎い私ですが、亡夫は大変興味を持っていましたから・・・喜んだはずです。
でも私も楽しみにしています。うちは日蓮上人ですから・・・数年前に誕生寺その他お参りしてきました。夫の実家には永禄年間に頂いたお曼陀羅が残っています。

わらべ歌に歌われた成田の不動様、まだおまいりしていません。お友達と毎月お出かけとは羨ましい限り。すばらしいですね。
S子
2016/09/04 16:43
S子さん、返コメ遅くなってすみません。
河野氏が治めていたのは(従って一遍さんの出身も)伊予ですが、どこで私の本籍があった東京都大田区とつながるのかなと思っていたら、関連する資料が見つかりました。
後日きちんとブログ記事にしたいと思っています。

S子さんの方は日蓮さんの関連ですか〜、それで何年か前に千葉の安房小湊へ来られたのですね。
永禄年間に頂いたお曼陀羅が残っている、なんてすごいですね〜!

成田山は我が家から車で30分ちょっとですが、お参りというよりも、梅や紅葉を愛でに行っています。
参道の店をのぞいて歩くのも、楽しいですよ。
カンツォーネ
2016/09/08 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今月の三水会 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる