カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉の稲毛を散策

<<   作成日時 : 2016/07/22 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 18

一昨日の水曜日は、毎月恒例の三水会がありました。
今月は私の企画で、千葉県稲毛地区の散策です。

京成稲毛駅集合で、今回のウォーキング参加者は7名。
曇り空の、わりと涼しい一日でした。

画像

まずは日本のワイン王といわれた明治の実業家、神谷伝兵衛の元別荘へ。
大正7年に建てられたそうですが、関東大震災にも耐えています。

伝兵衛さんは、浅草の「神谷バー」や茨城県牛久の「シャトーカミヤ」の創始者です。
そういえば神谷バーには、ブログ仲間たちと去年行きましたね〜。

画像

応接室


画像画像





















ワイン王らしく、二階の和室の床柱には葡萄の古木が使われ、欄間には葡萄の透かし彫りが施してあります。
今は海から2km以上離れていますが、当時はすぐ下が海だったようです。

画像画像






















階段もレトロな雰囲気です。
神谷バーにちなんで、電気ブランの看板が置いてありました。

画像

ここは稲毛公園の黒松林の中で、こんな松がいっぱいあります。
海風に浸食されたのでしょうか、根上がりの松といわれています。

画像

すぐそばにある浅間神社。
808年に富士浅間神社から勧請されたと伝えられています。

画像

浅間神社から下っていくと、愛新覚羅溥傑仮寓があります。
あの清朝最後の皇帝で、その後満州国皇帝になった愛新覚羅溥儀(映画ラストエンペラーでも知られている)の弟溥傑が、新婚時代を過ごした家です。

画像

緑いっぱいの庭。

画像

敷地は350坪あるそうです。
千葉市が管理していますが、草むしりや落ち葉の掃除が大変だと、職員の方が嘆いていました。

画像

この建物の他に、離れもありました。
時代に翻弄された、ラストエンペラー兄弟でしたね。

画像画像






















さて公園を出て、国道14号を渡ると古い建物があります。

画像

国登録有形文化財で、明治32年東京に建てられた日本勧業銀行本店を、昭和15年に移築したものです。
現在も千葉トヨトペッ本社として、使われています。

画像

民間航空発祥の碑。
明治45年、日本で初めての民間飛行場が開設された場所です。

この後は、ひたすら海を目指して歩きます。
稲毛海浜公園に到着すると、稲毛民間航空記念館があります。

画像

民間航空の歴史の資料や、復元機が展示されています。
高所恐怖症の私には、絶対に乗れないグライダー。

画像

当時活躍した「鳳」号。
この復元機は、実際に有人飛行したそうです。

画像画像













次に向かったのは、同じ海浜公園内にある山陽メディアフラワーミュージアム(旧花の美術館)。
この美術館は、何回もブログで紹介しているので、今回は省略させていただきます。

それにしても、ここほど三水会のオヤジどもにふさわしくないところはありませんね〜。
恥ずかしげもなく、記念写真を撮っています。

画像

口直しに(目直し?)かわいいうさちゃんの写真で終わらせていただきます。

メンバーはこの後東京に向かい、有楽町の居酒屋で夜の部だけ参加の6名と合流、計13名の盛会でした。
長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰をしております。
暑い暑いと言っていましたのに、ここ数日は肌寒いくらいですね。
稲毛の散策を楽しく拝見させてもらいました。まだ訪れたことが無いのですが、歴史的建造物が多いのですね。まるで自分が歩いているように楽しませてもらいました。
千葉は見るところが多いですね。やはり今度時間を作って出かけたくなりました。
梅雨が明けたら、暑さきびしいと思いますので、くれぐれもお大事に。
横浜の織姫
2016/07/23 11:55
こんにちは。
梅雨明けもして、真夏の青空が広がっています。
夏休みに入りましたが、私たち教員は、毎日のように研修会や水泳指導に追われています。
世の中の人には、先生は夏休みが長くあっていいねえと言われますが、全然です。
三水会は、ウォーキングとドリンクの会でしたね。
千葉にこんなにも素敵なところがあって、しかも歩ける距離にあって、いいですね。
特に溥潔の屋敷や勧業銀行の建物を見てみたくなってきました。
今週末、東京へ用事があって行くのですが、千葉へ足を延ばす余裕はないので残念です。
りりい
2016/07/23 16:41
横浜の織姫さん、こちらこそご無沙汰しております。
昔の稲毛は、海が稲毛公園の下まで来ていたそうですが、その後埋め立てたそうです。
伝兵衛さんの別荘などは、海が眺められる景色の良いところだったようです。

稲毛の歴史的建造物については、私も最近まで知らなかったのですが、テレビで見て行きたくなったのです。
しかもすべて無料で見学でき、三水会メンバーも満足したようでした。
ぜひお出かけください。
カンツォーネ
2016/07/23 21:26
りりいさん、こんばんは。
そうそう、世間では先生は休みが長くていいなぁ、と思っている人が多いのでしょうね。
暑い中のお仕事、お疲れ様です。

今回のウォーキングは熱中症を心配していたのですが、曇りで気温も上がらず、海風が気持ち良かったです。
でも15,000歩近く歩いたので、花の美術館から稲毛駅まではバスに乗りました。

溥傑の屋敷は、紅葉がきれいなのではと思いました。
旧勧銀本社の建物は、現千葉トヨペット本社として使われているので、我々が入って行ったら車の説明をされてしまいました。(笑)

りりいさん、一度ゆっくり千葉へお出かけくださいね〜。
カンツォーネ
2016/07/23 21:46
こんにちは〜!!

今月の三水会、皆さんに喜んで頂けてよかったですね。
お天気にも助けられてホント楽しそうです^^
そんなに遠くない所に住んで稲毛界隈に、こんな素晴らしいところがあるなんてしりませんでした。
というか、関心もたなかったというか(-_-;)
花の美術館だけは、かつて数回行ってますが、今は美術館の名前は変わったんですね。
ご紹介有難うございます。
歴史的な建物の数々機会がありましたら、いつか行ってみたいです^^

URL
2016/07/25 12:01
こんにちは ̄〜♪

素晴らしい邸宅ですね。お庭も緑いっぱい。
保存も大変なのでしょうね。とても興味があります。
行ってみたいけれど、もう無理〜〜(苦笑)

山梨の勝沼。古くから葡萄酒作りが盛んなのですが
財閥の話は聞いていません。私が無知なだけかもしれませんが。
古くからフランス料理店は、あったと聞いてますけれど…

S子
2016/07/25 13:11
稲毛良いところですね、その方面は埋め立て後は団地沢山あって知ってますが埋め立て前は知りませんでした。
立派な建物や歴史があるのですね。
良い地区ですね。
二次会は大盛会てわすね、こちらが本会?

さくらんぼ
2016/07/25 19:57
麦さん、こんばんは。
真夏の三水会は酷暑との戦いですが、幸い涼しい日で助かりました。

今回行った歴史的建造物群のそばは、いつも花の美術館へ行く途中に通過していたのですが、まったく知りませんでした。
すべて無料で見学できるし、案内の人もいらっしゃるし、ぜひお出かけください。
京成稲毛駅から歩いて回っても、楽チンの距離です。

花の美術館までは歩いたらかなり遠いので、我々は帰りだけバスを利用しました。
カンツォーネ
2016/07/25 20:58
S子さん、私は千葉県に43年も住んでいますが、今回訪問したところは最近知りました。
古い建造物は千葉市が管理しているので、手入れが行き届いていているのに、見学は無料という有り難さでした。

ワインといえば山梨県ですよね。
日本での発祥の地は山梨ですが、神谷伝兵衛さんは茨城県の牛久を開墾し、葡萄を栽培したそうです。
実業家として、ワイン醸造に成功されたのですね。
カンツォーネ
2016/07/25 21:17
こんばんは♪
夏の催しのお知らせが届く頃となりました。いくつになっても心がときめく。身体が躍動するのがこの季節。子供の頃は汗まみれになって一日中遊びまわったものです。カンツォーネさんのように素敵なお仲間とこのような素晴らしいところを見学されてお酒とご馳走を頂かれるなんて最高ですね〜今回の企画を考えられたのはカンツォーネさんだそうで・・・皆さん、きっと満足されたことでしょう。旺盛な好奇心はいつまでも持ち続けるものですね!!豪華な別荘や私の知らない千葉の稲毛を紹介して下さり、あまりにも素敵過ぎて見惚れています。清々しい風に吹かれて(猛暑だったのかしら?)濃い緑の木々が美しいですね。そして3人のお写真も可愛いですぅ。
オパール
2016/07/25 21:22
さくらんぼさん、私も稲毛にこんなに良いところがあるなんて、最近知りました。
この歴史的建造物群の下から海にかけては、マンションや公団住宅で埋め尽くされています。
昔は風光明媚な、別荘地だったのかもしれません。

二次会は、久しぶりの大盛会でした。
ウォーキングはサボって飲み会だけの参加者が、年々増えてきています。
カンツォーネ
2016/07/25 21:30
オパールさん、こんばんは。
関東は梅雨明けが遅れていて、明日も雨の予報です。
水不足も心配ですが梅雨も明けてほしいと、虫のよいことを考えています。

この三水会は、昼間はウォーキングやハイキングをして、夜は酒を飲むという、昔の仕事仲間たちの会です。
でも高齢化したので、登山やハイキングがきつくなってきています。
この日はほぼ平地を、約15,000歩あるきました。
海風を受けながらの、快適なウォーキングでした。

メンバー連中、歴史的建造物には興味を持ちましたが、花の美術館にはあまり興味がなかったようです。
皆が一番興味を持つのは、夜の飲み会なんですけどね〜。
カンツォーネ
2016/07/25 21:52
いつもよりひと月以上遅れて6月半ばに蒔いた我が家のベランダプランターゴーヤもぐんぐん育ってグリーンカーテンらしくなってまいりました。
夏ですね〜

三水会、今月はカンツォーネさんご企画の稲毛探訪ですか!
ずっと以前、当時検見川在住のお友達と良くこの近辺をうろついておりましたので懐かしいです。
でも初耳の場所も多く、カンツォーネさんのリサーチは素晴らしいです。
ラストエンペラーの弟さんが新婚時代を過ごされたお家には行きました。
天井がすごく低かったのでそんなに昔じゃないのに今と比べると人間の身長がずいぶん小さかったんだな、とびっくりしました。

打ち上げはどこで?と記事のラストまで興味津々でしたが、ホームグラウンドの有楽町でしたか🎶
一年で一番ビールが美味しい季節ですもの、盛り上がらないわけないですよね。
のんた
2016/07/26 01:59
のんたさん、夏ですが、なかなか梅雨が明けないですね〜。
えっ、私より先に溥傑の仮寓へ行かれてたのですか、早い!
稲毛の浅間神社近辺は、レトロ感いっぱいの建物が多くて、散歩するには絶好です。
でもその後、三水会は稲毛海浜公園まで長い直線距離を歩いて行ったので、みな結構ばてたようで、帰りはバスを利用しました。

そのまま稲毛で飲み会をやれば、私は楽だったのですが、夜の部だけの参加者が今回6名もいたので、いつもの有楽町まで行きました。
そう、汗を書いた後のビールは最高でしたよ〜!
カンツォーネ
2016/07/26 14:37
こんにちは〜
今月は千葉は稲毛だったのてすね。稲毛の浜は行ったことがありますが浅間神社と千葉トヨペット本社はいつも車で通りすぎていたので今回拝見して神社の落ち着いたお庭とかトヨペットの建物の有形文化財に驚きました。

旧花の美術館のお写真、素敵ですよ♪オヤジだなんて皆さん、紳士的に写っているじゃないですか🎵うさちゃんの所でもお写真をとってもよかったと思います(^^) いえ、撮ってほしかったなぁ〜♪ この後も恒例の居酒屋さんへ行かれたんですね。歩かれたあとのビールは美味しかったでしょう(๑^^๑) 大丈夫でしたか?飲みすぎ(笑)
ひまわり
2016/07/27 13:19
ひまわりさん、こんばんは。
千葉県に住んでいても、稲毛のレトロな建物群は、意外と知られていませんよね。
私も千葉テレビを見ていて、初めて知りました。
国道14号沿いに浅間神社の駐車場がありますから、そこへ車を止めて神社へ参拝し、レトロな建物群を歩いて回れます。

それにしても、花とオヤジはミスマッチですよ〜。
ほとんど女性客ばかりで、男同士の見学者は、皆無でした。
今回は飲み会の参加者が多くて、チョー盛り上がりました。
盛り上がりすぎて二次会へ行き、翌日は二日酔いで半日寝てました。
カンツォーネ
2016/07/27 20:33
こんばんは。
ワイン王の別荘、素晴らしいですね。欄間に葡萄の透かし模様ですか。
大正7年に建築されたということは私の母が生まれた年ですから、もう100年近く経ってるのですね。
震災にも耐えたとは!

溥傑のお屋敷も素晴らしいです。
350坪とは相当広い敷地ですね。
確かに庭の草むしりはこの時季大変でしょうね。

三水会のメンバーで記念撮影。
男の方ばかりでも良き想い出になったことでしょう♪
楽しいのが一番です☆
ハーモニー
2016/08/01 19:17
ハーモニーさん、こんばんは。
千葉に永年住んでいますが、こんな素敵な場所があることは、ごく最近知りました。

浅草の神谷バーといえば、日本で最初のバーということで有名です。
今はレストランとしても人気で、休日は行列が出来ています。
昨年浅草でブログ友のお箏の演奏会があったので、その後みんなで食事をしました。

溥傑の屋敷は、紅葉の頃にまた行きたいなと思いました。
三水会のオヤジたち、花にはほとんど興味がないようでした。
カンツォーネ
2016/08/01 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千葉の稲毛を散策 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる