カンツォーネ奮闘記!

アクセスカウンタ

zoom RSS 石塚桜子展 at 銀座

<<   作成日時 : 2008/05/14 20:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 19

画像

久しぶりに銀座へ行ったら、ヒマワリが満開でした!

画像

青空に映えるヒマワリの花。
でも、なんで今の時季に?

画像

タネをあかせば、ここはソニービルの前です。
千葉県館山市から、3千本のヒマワリを取り寄せたそうです。
季節の先取りですね。

画像

ミキモトの前には、こんなかわいいものもありました。


画像


昨日、銀座へ行った目的は、私が大学で同期だった女性のお嬢さんで、いま注目されている具象画家、石塚桜子さんの個展へ行くためでした。
彼女のことは過去2回、記事にしています。

桜子さんの絵は、ミステリー作家の島田荘司さんにとても気に入られ、島田さんの「透明人間の納屋」(講談社)、「エデンの命題」 (光文社)などの装画にも採用されています。

上の写真は、左が「アース」、右は「真空引火」というタイトルです。  
相変わらず、すごい迫力です。

画像


「Black Lion」

黒いライオンが口から出しているものは、言葉だそうです。
残念ながらストロボの光が反射したため、原画の色がきれいに出ませんでした。ごめんなさい。

画像


「狂気の凶器」

刃物の絵をリクエストされて、描いたそうです。
まるで刃物そのものに命があって、自分の意思で人を刺したりしそうな、そんか狂気を感じます。

画像


こんなすごい絵を描く桜子さんですが、笑顔はまだあどけない、母思いの、かわいい女性です。

石塚桜子展は、松屋銀座裏のギャラリー「アートもりもと」で、5月24日まで(10:30〜18:30)開催しています。
是非お立ち寄り下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
カンツォーネさん♪
以前の記事も見ました。斬新なアートって感じですねえ。
私みたいなものには芸術というものがよくわかっていませんので
コメントしにくいですが刃物を絵に書くってちょと
恐い気もしますがこれもアートなんでしょうね。
都会的な今風のお嬢様で将来が楽しみですね。

ソニービルのひまわり可愛いですね。
黄色って元気になる色だなあ。(*^。^*)
ミキモトのお花のプレゼントも可愛いな。

奥様と仲良くされてるカンツォーネさんが好きですよ。♪
ソナチネ
2008/05/14 23:27
ひまわり3千本とは凄いですね。
カンツォーネさん、時々美術館のことを記事にされているようですが絵画はお好きですか?
私も好きなのですが、私の街には美術館というものは一つも無くて、岐阜市か名古屋まで行かないと見る事ができません。
お友達のお嬢さん、斬新な絵を画かれますね。
筆運び、なかなか表現が難しそうですが・・・。
ハーモニー
2008/05/14 23:35
私もこの手の絵は理解出来ないのでコメントは控えさせて頂きます。
このお嬢さん普通の絵も勿論お上手なんでしょう?
向日葵綺麗ですね。
ここの所寒いので、向日葵はビックリしますね。
ミキモトの可愛い包装が気になります。
さくら
2008/05/14 23:35
ソナチネさん、おはようございます。
私も初めの頃は、彼女の絵が理解できなかったのですが、なんとなくですが、わかるような気がしてきてます。
ミステリーの装丁や挿絵には、ぴったりでしょう。

歌のレッスンをやめたので、銀座へは久しぶりでしたが、相変わらず面白いものがありました。
カンツォーネ
2008/05/15 07:14
銀座は久しぶりでしたが、やはり面白い街ですね。
地元の美術館は、絵を見ないで散策路の花の写真だけを撮ることが多いです。
有名な絵を観るには、やはり東京へ行かないとダメですね。
桜子さんの絵、最初は理解できなかったのですが、すこしずつ良さがわかるようになってきました。
若手有望アーティストですね。
カンツォーネ
2008/05/15 07:20
さくらさん、おはようございます。
そうですね、なかなか普通の人にはわからないかもしれませんね。私もそうでしたから。
彼女の写実的な絵は、見たことがないです。刃物の絵はかなり写実的だと思いますが。
銀座はやはり面白いですね。
レッスンをやめてからは、ご無沙汰してましたが。
カンツォーネ
2008/05/15 07:23
ブラックライオンのライオンさん 、チョット見た目には怖そうだけど愛嬌のある顔をしてますね。
人間社会に何か言いたいことがあるのでしょうか?。
その下の刃物の絵、何だか今の世相を反映しているような・・・?。
こういう絵を描かれる人は感受性が豊かなんでしょうね。
茶々
2008/05/15 15:21
茶々さん、こんにちは。
桜子さんの絵に登場する顔は自画像だと聞いたことがあります。
ライオンも、もしかしたらそうかも知れませんね。
刃物の絵も、ただこれだけなのに、すごい迫力を感じます。
彼女は絵を描くとき、世の中の恐ろしい事、悲しい事などをイメージするそうです。
絵の話をする時は、やはり普通の人とは違うなと思うのですが、普段は笑顔が可愛いお嬢さんです。
カンツォーネ
2008/05/15 15:51
絵画の事は何も分かりませんが、ご本人を見て、例えば刃物の絵を描いたなんて想像もつかない感じの娘さんですよね。
私などは表現を読み取る能力がありません。何回も彼女の絵を見ていると分かってくるのでしょうかね。
素養が必要なのでしょうね。
さくらんぼ
2008/05/15 23:24
さくらんぼさん、おはようございます。
私も絵のことは、よくわかっていないのですが、何回も見ているうちに何となくわかりかけてきたような気もします。
作者の説明を聞きながら見ると、さらに理解できると思います。
それにしても、なかなかわかりづらい絵ですね。
カンツォーネ
2008/05/16 08:14
(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!〜ひまわりもステキ!絵も凄い!
行ってみたいけど銀座は遠いなあ〜。この川越からは・・・(T△T)
しかし、未だ未だあどけないお嬢さんがこんな斬新な絵を書かれるとはホントに凄いですね。カンツォーネさんて優しいんだね!
改めて優しさを理解してるよ。(ここで図に乗んないで)
さっきのインド料理の記事も優しくなかったら柏市まで行かないでしょう。今度は川越に来てね!優しいカンツォーネさん!!!
さよちん
2008/05/16 18:21
さよちんさん、元気になったのかな?
桜子さんの絵は、じわじわっと注目されつつあります。将来が楽しみですよ。
同期生の娘さんだし、私の長男と同い年だし、応援したくなっちゃいます。
人間関係って大事でしょう?
私のつたないライブにも、たくさんの人たちが来てくれていたので、本当にありがたいと思っています。
もちろん川越も行きますよ! 焼肉食べにね〜♪
カンツォーネ
2008/05/16 21:11
お久し振りです
昨日はコメントありがとうございました。嬉しかったです ♪
凄い表現ですね! こんな可愛らしいお嬢さんが描いたなんて・・・
現代では人の心が一番の「凶器」ですね
だから「狂気」なのかしら・・・
笑顔
2008/05/17 10:27
笑顔さん、いろいろと大変ですね。
落ち着いたら、ゆっくり旅行でもいらしてください。
桜子さんの絵は、じわじわっと人気が出てきているようです。
ミステリー小説には、ぴったりだと思います。
最近の世相をみると、まさに人の心が凶器になっていますね。
おどろおどろしい事件が、毎日マスコミを賑わせています。
カンツォーネ
2008/05/17 13:46
銀座はいつも季節の先取りですね
久しぶりに見た街嬉しいです
ちょっと裏道に回るとギャラリーが多いのも特徴ですね
新米の頃・・コチョウランンの鉢を抱えて画廊に配達したの思い出します

お若いのに驚きましたこんな強いメッセージを描く画家さん印象派ですね
べじまき
2008/05/17 14:50
べじまきさん、こんばんは。
銀座、なつかしいでしょう。私も同じです。(笑)
ギャラリーがとても多いですね。このギャラリーにも、胡蝶蘭が届いていましたよ。
それにしても、華奢な身体のべじまきさんが、よく鉢を運べましたね。(笑)

桜子さんの絵、すごいでしょう。
絵を描くときは、悲しいこと、恐ろしいこと、を必死にイメージするそうです。
私のような、常に楽しいことを考えてしまう能天気人間には、とてもこんな絵はかけません。(笑)
カンツォーネ
2008/05/18 21:47
上から5番目のコメントは、ハーモニーさん宛です。
失礼しました。
カンツォーネ
2008/05/18 21:49
ヒマワリの花の華やかさから見はじめて 
石塚桜子さんの絵に出合って少し驚きです 
強烈なイメージの作品ですね 
このような画風の絵に出合うと
じっくりと足を止めて見入ってしまいます 
3年ほど前でしょうか なにげなくのぞいたみた
東京駅丸の内口のギャラリーでの小山田二郎という画家の 
強い個性の作品を思い出しました 
あまりのインパクトに思わず手にした作品集が 
今も本棚の中にあります 
好きな東山魁夷の作品とはまた違った意味合いで
画家の主張が強くに訴えてくる画風は印象に残りますね 
石塚さんの作品も時間が取れたら実際の作品を見たい
と思いました  

とんぼ
2008/05/19 21:44
とんぼさん、おはようございます。
桜子さんの絵は、最初あまりよくわからなかったのですが、何回か見ているうちに良さがわかってきました。
すごく主張していると思います。
まだやってますから、是非いらしてください。
来月初めは、都美術館の「駒展」にも出品します。こちらは有料ですが。
カンツォーネ
2008/05/20 07:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
石塚桜子展 at 銀座 カンツォーネ奮闘記!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる